通貨制度(貨幣制度)①―金本位制 - [経済]簿記勘定科目一覧表(用語集)

[経済]簿記勘定科目一覧表(用語集)

勘定科目を体系的に分類し、仕訳の仕方等を解説した会計の実務的マニュアルです。

通貨制度(貨幣制度)①―金本位制



金本位制とは

金本位制の定義・意味・意義

国家が貨幣の発行の仕方などに関して設ける制度を通貨制度貨幣制度)という。

近代的通貨制度の代表的なものには、次の2つの種類がある。

  1. 金本位制
  2. 管理通貨制

このうち、金本位制とは、本位貨幣(=一国の基本となる貨幣通貨)をとする通貨制度をいう。

当初は、価値がある貨それ自体が貨幣通貨とされる場合があった。

しかし、その国が保有するの量を基礎にして、または貨と一定比率で交換することが保証された兌換紙幣を発行する制度へと変化した。

 

金本位制の趣旨・目的・役割・機能

貨幣には、価値尺度交換手段価値貯蔵手段といった機能があるが、これらの機能をすべて有しているのは、だけである。

そして、金本位制のもとでは、紙幣は実際にと交換可能な証券としての意味を持つことになる。

よって、貨幣それ自体に価値があることになる。

これに対し、管理通貨制のもとでは、貨幣カネ)それ自体には本当の(実体のある)価値はなく、「取り決め(ルール)」「作られたもの」「(本物ではない)幻想」にすぎなくなる。

 

金本位制のメリットとデメリット

金本位制のメリット・長所・利点・有利な点

金本位制には、たとえば、次のようなメリットがある。

  1. 通貨量はその国が保有するの量に限定されるので、通貨量が安定する。
  2. 普遍的価値があるは世界貨幣としての性格があるため、国際収支が安定する。

 

金本位制のデメリット・短所・弱点・不利な点

金本位制には、たとえば、次のようなデメリットがある。

  1. がなければ通貨を増発できず、またがあれば通貨を減らすことができず、通貨量を人為的に調節できない。したがって、景気調整ができず、不況になれば深刻化する。

 

金本位制の経緯・沿革・歴史など

金本位制は、1816年にイギリスで初めて実施された。

これにより、近代的な貨幣制度が始まった。

しかし、1929年の世界大恐慌を原因に、各国は金本位制の維持による貨幣価値の安定よりも、景気の回復を重視して、金本位制をやめ、管理通貨制へと移行していった。

 



| 現在のカテゴリ:貨幣・通貨 |

現在のカテゴリ:貨幣・通貨

カテゴリ内のコンテンツの一覧[全 23 ページ(カテゴリページは除く)]

現在のカテゴリ:「貨幣・通貨」内のコンテンツは以下のとおりです。

  1. 貨幣・通貨(お金・カネ・マネー)
  2. 貨幣・通貨(お金・カネ・マネー)―機能―①価値尺度手段
  3. 貨幣・通貨(お金・カネ・マネー)―機能―②交換手段(流通手段)
  4. 貨幣・通貨(お金・カネ・マネー)―機能―③価値貯蔵手段
  5. 貨幣・通貨(お金・カネ・マネー)―機能―④支払手段(決済手段)
  6. 貨幣・通貨(お金・カネ・マネー)―機能―④支払手段(決済手段)―決済
  7. 貨幣・通貨(お金・カネ・マネー)―機能―④支払手段(決済手段)―決済―具体例―為替
  8. 貨幣・通貨(お金・カネ・マネー)―機能―④支払手段(決済手段)―決済―具体例―為替―振込
  9. 貨幣・通貨(お金・カネ・マネー)―機能―④支払手段(決済手段)―決済―具体例―為替―振替
  10. 貨幣・通貨(お金・カネ・マネー)―機能―④支払手段(決済手段)―決済―具体例―為替―クレジットカード
  11. 貨幣・通貨(お金・カネ・マネー)―機能―④支払手段(決済手段)―決済―具体例―為替―デビットカード
  12. 貨幣・通貨(お金・カネ・マネー)―分類―邦貨―現金通貨
  13. 貨幣・通貨(お金・カネ・マネー)―分類―邦貨―預金通貨
  14. 貨幣・通貨(お金・カネ・マネー)―分類―邦貨―準通貨
  15. 貨幣・通貨(お金・カネ・マネー)―分類―邦貨―CD(譲渡性預金)
  16. 貨幣・通貨(お金・カネ・マネー)―分類―外貨
  17. 貨幣・通貨(お金・カネ・マネー)―指標―①ハイパワードマネー(マネタリーベース・ベースマネー)
  18. 貨幣・通貨(お金・カネ・マネー)―指標―②通貨残高(マネーストック)(通貨供給量・マネーサプライ)
  19. 貨幣・通貨(お金・カネ・マネー)―指標―②通貨残高(マネーストック)(通貨供給量・マネーサプライ)―管理―金融政策と財政政策
  20. 貨幣・通貨(お金・カネ・マネー)―指標―②通貨残高(マネーストック)(通貨供給量・マネーサプライ)―問題点・課題―マネー経済
  21. 貨幣・通貨(お金・カネ・マネー)―指標―貨幣乗数(信用乗数)
  22. 通貨制度(貨幣制度)①―金本位制
  23. 通貨制度(貨幣制度)②―管理通貨制



関連コンテンツ


現在のカテゴリ:貨幣・通貨 の位置づけ

現在のカテゴリ:「貨幣・通貨」のサイトにおける位置づけは以下のとおりです。

プライバシーポリシー