勘定科目―分類②―商品勘定 - [経済]簿記勘定科目一覧表(用語集)

[経済]簿記勘定科目一覧表(用語集)

勘定科目を体系的に分類し、仕訳の仕方等を解説した会計の実務的マニュアルです。

勘定科目―分類②―商品勘定



商品勘定とは

商品勘定の定義・意味など

商品勘定(しょうひんかんじょう)とは、商品仕入売上仕入品の戻し・売上品の戻り・商品の売買に直接関連した費用など、商品関係を統括的に処理するための勘定をいう。

参考:小学館 『日本大百科全書』

商品勘定の目的・役割・意義・機能・作用など

商品勘定は商品売買における損益の算定を目的とする。

参考:小学館 『日本大百科全書』

商品勘定の位置づけ・体系(上位概念等)

勘定科目

勘定科目は、複式簿記の発展過程からは次の3つに大別される。

  1. 人名勘定
  2. 人名勘定
    1. 実在勘定実体勘定
    2. 名目勘定

…。「人名勘定」(personal account)と「非人名勘定」(impersonal account)という二分類、さらに、「非人名勘定」を「実在勘定」と「名目勘定」とに再分類するという本来的な勘定分類…

久野秀男 「「商品勘定」とは何だったのか」 『学習院大学 経済論集』第29巻第3,4号併合、1993年、287項。

また、次のように分類されることもある。

  1. 人名勘定債権債務勘定
  2. 商品勘定(非人名勘定
  3. 資本主勘定
    1. 資本勘定
    2. 損益勘定

…、以下本章では、単純な勘定記入がいかにして体系的な資本主義簿記に発展していったのであるかその過程を推定して概説しよう。

債権債務勘定人名勘定)に商品勘定(非人名勘定)が加わり、債権債務勘定と商品勘定にさらに資本主勘定資本費用勘定)が加わった。こうして複式簿記の骨組が完成された。その後、基本的要素は一つも加えられてきていない。

リトルトン 『会計発達史[増補版]』 同文館出版、2002年、46項。

複式簿記の生成史上、周知の様に「債権・債務」の増減・変動を記録する「人名勘定」に始まり、次いで「現金勘定」と「実名諸商品勘定」が登場し、やがて「資本主勘定費用勘定を含む)」の出現によってこの記帳システムが完成の域に達する。

久野秀男 「「商品勘定」とは何だったのか」 『学習院大学 経済論集』第29巻第3,4号併合、1993年、289項。

商品勘定の歴史・沿革・由来・起源・経緯など

当初の商品勘定は商品関係の統括的な勘定ではなく、すべて個別の実名諸商品勘定であった。

参考:久野秀男 「「商品勘定」とは何だったのか」 『学習院大学 経済論集』第29巻第3,4号併合、1993年、289項。



| 現在のカテゴリ:簿記―仕訳―勘定科目 |

現在のカテゴリ:簿記―仕訳―勘定科目

カテゴリ内のコンテンツの一覧[全 15 ページ(カテゴリページは除く)]

現在のカテゴリ:「簿記―仕訳―勘定科目」内のコンテンツは以下のとおりです。

  1. 勘定科目(勘定・科目)
  2. 勘定科目―分類①―特別なグループ―評価勘定
  3. 勘定科目―分類①―特別なグループ―対照勘定
  4. 勘定科目―分類①―特別なグループ―備忘勘定
  5. 勘定科目―分類①―特別なグループ―混合勘定
  6. 勘定科目―分類①―特別なグループ―仮勘定
  7. 勘定科目―分類①―特別なグループ―未決算勘定
  8. 勘定科目―分類①―特別なグループ―決算勘定
  9. 勘定科目―分類②―人名勘定(債権債務勘定)
  10. 勘定科目―分類②―非人名勘定―実在勘定(実体勘定)
  11. 勘定科目―分類②―非人名勘定―名目勘定
  12. 勘定科目―分類②―商品勘定
  13. 勘定科目―分類②―資本主勘定
  14. 勘定科目―注意点・ポイント
  15. 勘定科目―補助科目



関連コンテンツ


現在のカテゴリ:簿記―仕訳―勘定科目 の位置づけ

現在のカテゴリ:「簿記―仕訳―勘定科目」のサイトにおける位置づけは以下のとおりです。

プライバシーポリシー