[経済]簿記勘定科目一覧表(用語集)

勘定科目を体系的に分類し、仕訳の仕方等を解説した会計の実務的マニュアルです。


勘定科目―分類①―特別なグループ―混合勘定


混合勘定とは

混合勘定の定義・意味など

混合勘定(こんごうかんじょう)とは、資産負債勘定であると同時に収益費用勘定でもある勘定科目をいう。

参考:日本経済新聞社 『会計用語辞典』 日本経済新聞出版社、1978年、79頁。

混合勘定の具体例

混合勘定の具体例としては次のようなものがある。

混合勘定の目的・役割・意義・機能・作用など

期中における混合勘定の残高(貸借差額)には何の意味もない。

したがって、決算時などにこれを分解して資産負債勘定収益費用勘定に還元することが必要とされる。

参考:日本経済新聞社 『会計用語辞典』 日本経済新聞出版社、1978年、79頁。

混合勘定の位置づけ・体系(上位概念等)

勘定科目の特別なグループ

勘定科目は、その性質により、資産負債資本費用収益の5つのグループに大別される。

ただし、このグループに単純には分類できない、次のような特別な勘定科目のグループもある。



現在のページのサイトにおける位置づけ

現在のページが属するカテゴリ内のページ一覧[全 15 ページ]

  1. 勘定科目(勘定・科目)
  2. 勘定科目―分類①―特別なグループ―評価勘定
  3. 勘定科目―分類①―特別なグループ―対照勘定
  4. 勘定科目―分類①―特別なグループ―備忘勘定
  5. 勘定科目―分類①―特別なグループ―混合勘定
  6. 勘定科目―分類①―特別なグループ―仮勘定
  7. 勘定科目―分類①―特別なグループ―未決算勘定
  8. 勘定科目―分類①―特別なグループ―決算勘定
  9. 勘定科目―分類②―人名勘定(債権債務勘定)
  10. 勘定科目―分類②―非人名勘定―実在勘定(実体勘定)
  11. 勘定科目―分類②―非人名勘定―名目勘定
  12. 勘定科目―分類②―商品勘定
  13. 勘定科目―分類②―資本主勘定
  14. 勘定科目―注意点・ポイント
  15. 勘定科目―補助科目

現在のページが属するカテゴリのサイトにおける位置づけ



プライバシーポリシー