資本―経済学上の資本―分類・種類②―他人資本 - [経済]簿記勘定科目一覧表(用語集)

[経済]簿記勘定科目一覧表(用語集)

勘定科目を体系的に分類し、仕訳の仕方等を解説した会計の実務的マニュアルです。

資本―経済学上の資本―分類・種類②―他人資本



他人資本とは 【borrowed capital

他人資本の定義・意味・意義

他人資本とは、企業が、社債の発行による直接金融金融機関からの借入れによる間接金融の方法で、外部から資金調達した資をいう。

他人資本の別名

他人資本は負債である。

借入資本ともいう。

他人資本の位置づけ

他人資本は調達した資の区別のひとつである。

企業が調達した資は、次の2つの種類に分類される。

  1. 自己資本
  2. 他人資本

他人資本の特色・特徴

返済の要否

企業内部で資金調達した資である自己資本とは異なり、他人資本は企業の外部から資金調達した資である。

したがって、他人資本は返済の必要がある。

社債権者は株主とは異なり、会社が倒産した場合でも、法的には返還請求権を行使できる。ただし、現実には、企業が保有する資産を競売で売却して残った残余産を、債権額に応じて平等分配を受けるにとどまる。

資金調達コスト

他人資本は金利を支払う必要があり、一般的には、その資金調達コストは高いといわれている。

他人資本の範囲・具体例

他人資本には、社債銀行からの借入金などがある。

他人資本と関連する経済指標

自己資本比率



| 現在のカテゴリ:経済体制―資本主義―資本 |

現在のカテゴリ:経済体制―資本主義―資本

カテゴリ内のコンテンツの一覧[全 9 ページ(カテゴリページは除く)]

現在のカテゴリ:「経済体制―資本主義―資本」内のコンテンツは以下のとおりです。

  1. 資本
  2. 資本―経済学上の資本―分類・種類①―人的資本
  3. 資本―経済学上の資本―分類・種類②―自己資本
  4. 資本―経済学上の資本―分類・種類②―他人資本
  5. 資本―法律上の資本―資本の三原則
  6. 資本―法律上の資本―資本の三原則―資本充実の原則
  7. 資本―法律上の資本―資本の三原則―資本維持の原則
  8. 資本―法律上の資本―資本の三原則―資本不変の原則
  9. 資本―法律上の資本―資本の三原則―資本確定の原則



関連コンテンツ


現在のカテゴリ:経済体制―資本主義―資本 の位置づけ

現在のカテゴリ:「経済体制―資本主義―資本」のサイトにおける位置づけは以下のとおりです。

プライバシーポリシー