資本 - [経済]簿記勘定科目一覧表(用語集)

[経済]簿記勘定科目一覧表(用語集)

勘定科目を体系的に分類し、仕訳の仕方等を解説した会計の実務的マニュアルです。

資本



資本とは 【capital】

資本の定義・意味など

資本(しほん)の概念には、次のような種類がある。

  1. 経済学上の資本経済学における資本
  2. 法律上の資本(法律における資本
  3. 会計上の資本会計における資本

1.経済学上の資本経済学における資本

経済学上、資本とは、事業市場経済)に投下して利潤追求する(利益を得る・もうける)ための元手産)をいう。

古典的な学説では、たとえば、リカードは、資本を生産の三要素(①資本②労働③土地)のひとつとしている。

たとえば、貨幣を、利潤(利益。つまり、金利利子))を得るため元手として事業に投下した場合には、貨幣資本として使用されたことになる。

換言すれば、金利利子)が生まれ、貨幣が自己増殖の目的を有した(貨幣の目的が商品を手に入れることではなく、より多くの貨幣自体を手に入れることになる、つまり、貨幣商品化した)とき、貨幣資本と呼ばれ、そして、貨幣資本となったときに資本主義が開始されたということができる。

参考:宮田安彦 『ライフデザイン学概論 真に豊かな生活を求めて』 日本教育訓練センター、2013年、77項。

この意味での資本は、通常、次の3つの種類に分類される。

  1. 融資本…貨幣有価証券など
  2. 物的資本…不動産、機械、自動車など
  3. 人的資本

法的には(会社法上は)、株主有限責任の原則を採用する株式会社では、出資、現物出資というかたちで、融資本、物的資本は認められているが、労務出資すなわち人的資本は認められていない。

借方貸方

一般的に経済学上の資本の概念は、借方資金調達)・貸方(資運用)という区別をしないで使用されていることが多いようである。

ただし、マクロ経済学で資本という場合は、貸方(資運用)の側面を指しているものと思われる。

2.法律上の資本(法律における資本

法律上、資本とは、法律が定める資本金(=法定資本)のことである。

法定資本とは

なお、簿記上、この法定資本を処理するための勘定科目資本金勘定となる。

3.会計上の資本会計における資本

会計上、資本とは、貸借対照表で、資産の総額から負債の総額を差し引いた額をいう。

貸借対照表―純資産―資本(会計上の資本)

借方貸方

会計上の資本は、資金調達貸方)の側面を表している。



| 現在のカテゴリ:経済体制―資本主義―資本 |

現在のカテゴリ:経済体制―資本主義―資本

カテゴリ内のコンテンツの一覧[全 9 ページ(カテゴリページは除く)]

現在のカテゴリ:「経済体制―資本主義―資本」内のコンテンツは以下のとおりです。

  1. 資本
  2. 資本―経済学上の資本―分類・種類①―人的資本
  3. 資本―経済学上の資本―分類・種類②―自己資本
  4. 資本―経済学上の資本―分類・種類②―他人資本
  5. 資本―法律上の資本―資本の三原則
  6. 資本―法律上の資本―資本の三原則―資本充実の原則
  7. 資本―法律上の資本―資本の三原則―資本維持の原則
  8. 資本―法律上の資本―資本の三原則―資本不変の原則
  9. 資本―法律上の資本―資本の三原則―資本確定の原則



関連コンテンツ


現在のカテゴリ:経済体制―資本主義―資本 の位置づけ

現在のカテゴリ:「経済体制―資本主義―資本」のサイトにおける位置づけは以下のとおりです。

プライバシーポリシー