機関―会計参与―制度内容 - [経済]簿記勘定科目一覧表(用語集)

[経済]簿記勘定科目一覧表(用語集)

勘定科目を体系的に分類し、仕訳の仕方等を解説した会計の実務的マニュアルです。

機関―会計参与―制度内容



会計参与制度の内容

設置

会計参与の設置は、原則として任意である。

ただし、設置した場合(会計参与設置会社)は、登記が必要である。

権限・職務

会計参与の権限・職務については、会社法と会社法施行規則で規定されている。

たとえば、次のようなものがある。

資格

会計参与の資格は、公認会計士(監査法人を含む)または税理士税理士法人を含む)である。

選任

会計参与株主総会で選任され、その員数に制限はない。

任期・報酬

取締役についての規定が準用される。

責任

会計参与は社外取締役と同様の責任を負う。

  • 会社に対する損害賠償責任
  • 株主代表訴訟の対象
  • 第三者に対する損害賠償責任



| 現在のカテゴリ:経済主体―企業 |

現在のカテゴリ:経済主体―企業

カテゴリ内のコンテンツの一覧[全 18 ページ(カテゴリページは除く)]

現在のカテゴリ:「経済主体―企業」内のコンテンツは以下のとおりです。

  1. 企業
  2. 企業―規則―定款
  3. 企業―責任―有限責任
  4. 企業―分類
  5. 企業―分類―会社企業(会社・営利法人)
  6. 企業―分類―物的会社
  7. 企業―分類―物的会社―有限会社
  8. 企業―分類―人的会社
  9. 企業―分類―持分会社
  10. 企業―分類―持分会社―合名会社
  11. 企業―分類―持分会社―合資会社
  12. 企業―分類―持分会社―合同会社
  13. 企業―分類―持分会社―合同会社―特色
  14. 企業―分類―持分会社―合同会社―管理
  15. 機関―役員
  16. 機関―会計参与
  17. 機関―会計参与―制度内容
  18. その他―一人会社



関連コンテンツ


現在のカテゴリ:経済主体―企業 の位置づけ

現在のカテゴリ:「経済主体―企業」のサイトにおける位置づけは以下のとおりです。

プライバシーポリシー