仕訳―種類―決算仕訳―決算振替仕訳―資本振替仕訳 - [経済]簿記勘定科目一覧表(用語集)

[経済]簿記勘定科目一覧表(用語集)

勘定科目を体系的に分類し、仕訳の仕方等を解説した会計の実務的マニュアルです。

仕訳―種類―決算仕訳―決算振替仕訳―資本振替仕訳



資本振替仕訳とは

資本振替仕訳の定義・意味・意義

資本振替仕訳とは、損益勘定という架空の集計勘定貸方借方の差額としてあらわされる当期純利益(または当期純損失)を、資本金に加算または減算する仕訳をいう。

資本振替仕訳の位置づけ・体系(上位概念等)

決算振替仕訳

決算書を作成するために決算本手続帳簿決算)の後半で行われる振替仕訳決算振替仕訳という。

決算振替仕訳には損益振替仕訳資本振替仕訳の2つの種類がある。

すなわち、決算振替仕訳では、損益勘定という架空の集計勘定を用いて収益費用の諸勘定残高を0にしたうえ(→損益振替仕訳)、その集計勘定貸方借方の差額としてあらわされる当期純損益当期純利益または当期純損失)を資本金に加算または減算する(→資本振替仕訳)。

仕訳

仕訳は実務上その用いられ方等により次のようにさまざまに呼称されている。

資本振替仕訳もそのひとつである。

資本振替仕訳の分類・種類

資本振替仕訳には次の2つの場合がある。

1.損益勘定貸方合計額(収益合計額)が借方合計額(費用合計額)より多い場合

この場合、その差額は当期純利益となるので、これを損益勘定借方から資本金勘定貸方振り替えて、資本金に加算する。

2.借方合計額(費用合計額)が損益勘定貸方合計額(収益合計額)より多い場合

この場合、その差額は当期純損失となるので、これを損益勘定貸方から資本金勘定借方振り替えて、資本金に減算する。



| 現在のカテゴリ:簿記―仕訳 |

現在のカテゴリ:簿記―仕訳

カテゴリ内のコンテンツの一覧[全 17 ページ(カテゴリページは除く)]

現在のカテゴリ:「簿記―仕訳」内のコンテンツは以下のとおりです。

  1. 仕訳
  2. 仕訳―複式簿記の本質―①取引の二重性(借方と貸方。原因と結果)
  3. 仕訳―複式簿記の本質―②貸借平均の原則(同一金額)
  4. 仕訳―書式・様式―摘要
  5. 仕訳―種類―貸借反対仕訳(反対仕訳・逆仕訳・取消仕訳)
  6. 仕訳―種類―振替仕訳
  7. 仕訳―種類―再振替仕訳
  8. 仕訳―種類―修正仕訳
  9. 仕訳―種類―訂正仕訳
  10. 仕訳―種類―単純仕訳と複合仕訳―単純仕訳(単一仕訳)
  11. 仕訳―種類―単純仕訳と複合仕訳―複合仕訳
  12. 仕訳―種類―決算仕訳
  13. 仕訳―種類―決算仕訳―決算整理仕訳(決算修正仕訳)
  14. 仕訳―種類―決算仕訳―決算振替仕訳
  15. 仕訳―種類―決算仕訳―決算振替仕訳―損益振替仕訳
  16. 仕訳―種類―決算仕訳―決算振替仕訳―資本振替仕訳
  17. 仕訳―種類―決算仕訳―開始仕訳



関連コンテンツ


現在のカテゴリ:簿記―仕訳 の位置づけ

現在のカテゴリ:「簿記―仕訳」のサイトにおける位置づけは以下のとおりです。

プライバシーポリシー