[経済]簿記勘定科目一覧表(用語集)

勘定科目を体系的に分類し、仕訳の仕方等を解説した会計の実務的マニュアルです。


仕訳―本質(会計的思考法)


仕訳の本質(会計的思考法)

このページでは仕訳の本質(仕訳の基本的な思考方法・会計的な思考方法)について説明する。

まず、仕訳をする前提としてバランスシート貸借対照表)を頭の中でイメージする。

バランスシートとは、左側(借方)に記載される、資の運用を表す資産、そして、右側(貸方)に記載される、資の調達を表す負債他人資本)と資本自己資本純資産)の3つの部からなる一覧表である。

このうち資本は①株主出資金(つまり、資本金)と②利益からなることに注意する。

資本資本金利益

利益貸借対照表上では「利益剰余金」と表示される。

利益企業の経営活動により生じたものであるが、会計理論上はこのように利益資本の増加分として資本を構成するものと考える。

つまり、企業が稼ぎ出した利益はその企業自体や社員のものではなく、株主のものであるという考え方である。

参考:『「バランスシート」がみるみるわかる本―会社の「資産負債資本」のしくみを完全理解』 PHP研究所、2002年、149項。

そして、このバランスシートには次の2つの原則がある。

  1. 取引の二重性
  2. 貸借平均の原則

上記2つの原則は要約すれば、原因があって結果がある、つまり、無から有が生じることはなく(取引の二重性)、何かを得る(減らす)には必ず同等の何かを減らして(増やして)いる(貸借平均の原則)という簿記の本質である等価交換を意味する。

以上の簿記の最も基本的な考え方や原則を前提にしたうえ、仕訳を行う場合の思考(会計的思考)は次のような過程を順次踏んで行う。

  1. まず、第一に現金預金などの資産の増減(資の運用)を認識することからスタートする
  2. 次に、この資産の増減は負債や別の資産の増減(=資本取引)、または②資本の増減(=損益取引のどちらによるものか(資の調達)を判断する(例えば、現金が増えたが、それは返済を要するもの=負債か、または、自分のものにして良いもの=資本か)
    1. 資本取引資産の増減が負債や別の資産の増減による場合(例えば、現金が増えたが、それは銀行から借り入れたものであった(負債の増加)、または、現金が増えたが、それは銀行から引き出したものであった(資産の減少)等)
      貸借対照表のみで完結する
    2. 損益取引資産の増減が資本の増減による場合(例えば、現金が増えたが、それは商品売上によるものであった等)はさらにその資本の増減理由(=収益または費用)まで判断する
      収益費用の認識が必要になり損益計算書も登場する
      1. 資本増加 → 収益売上など)
      2. 資本減少費用経費など)

なお、上記の思考過程の「2-2」の場合においては、貸借対照表のみならず損益計算書まで登場させて、さらに資本の増減理由まで判断している(つまり、収益費用まで認識している)。

もちろん、資本資本の増加分を区別せずに資本として一括りにする(つまり、貸借対照表だけで完結させる)仕訳は可能である。

この場合、勘定科目の5つのグループ(資産負債資本収益費用)のうち登場するには資産負債資本の3つのグループだけということになる。

しかし、簿記企業の経営活動を記録し、投資家・債権者・務署などの利害関係者に企業政状態(貸借対照表)と経営成績(損益計算書)を報告する(ディスクロージャー・情報開示)ことを目的としているが、なかでも資本の増加分としての利益の計算が最も重要である。

例えば、法人税などの課税対象資産ではなく、利益である。

したがって、資本として一括りにするのではなく、その内訳である資本金株主出資金)と利益とを峻別するために損益計算書収益費用の認識をすることになる。

資本は①資本金株主出資金)と②利益資本金の増加分)から構成される。

資本取引損益取引の関係の歴史的考察

資本取引から損益取引

複式簿記は、本来は増加した産(実在勘定)と減少した産(実在勘定)を左右に併記する(→取引の二重性)ことにより、均衡を保ち(→貸借平均の原則)、産を管理しようというものである(→資本取引)。

参考:経過勘定って何だろう?【その2】 | 記帳代行ヘルパー税理士村上正城 http://www.kicho-helper.com/news/accounting/keikakanjyou2.html

たとえば、現金土地を買った場合、増加した産(土地)と減少した産(現金)は均衡し、貸借平均の原則が成り立つ。

したがって、特に貸借対照表における均衡性は決定的事実である。

リトルトン 『会計発達史[増補版]』 同文館出版、2002年、43項。

しかし、たとえば、安く仕入れ商品が高く売れた場合には、増加した産と減少した産の均衡性が破られ、貸借平均の原則が成り立たなくなる。

そこで、考え出されたのが名目勘定損益計算書勘定科目であり(→損益取引)、これにより貸借対照表損益計算書のすべての勘定を通して貸借平均の原則が維持されることになった。



現在のページのサイトにおける位置づけ

現在のページが属するカテゴリ内のページ一覧[全 18 ページ]

  1. 仕訳
  2. 仕訳―複式簿記の本質―①取引の二重性(借方と貸方。原因と結果)
  3. 仕訳―複式簿記の本質―②貸借平均の原則(同一金額)
  4. 仕訳―本質(会計的思考法)
  5. 仕訳―書式・様式―摘要
  6. 仕訳―種類―貸借反対仕訳(反対仕訳・逆仕訳・取消仕訳)
  7. 仕訳―種類―振替仕訳
  8. 仕訳―種類―再振替仕訳
  9. 仕訳―種類―修正仕訳
  10. 仕訳―種類―訂正仕訳
  11. 仕訳―種類―単純仕訳と複合仕訳―単純仕訳(単一仕訳)
  12. 仕訳―種類―単純仕訳と複合仕訳―複合仕訳
  13. 仕訳―種類―決算仕訳
  14. 仕訳―種類―決算仕訳―決算整理仕訳(決算修正仕訳)
  15. 仕訳―種類―決算仕訳―決算振替仕訳
  16. 仕訳―種類―決算仕訳―決算振替仕訳―損益振替仕訳
  17. 仕訳―種類―決算仕訳―決算振替仕訳―資本振替仕訳
  18. 仕訳―種類―決算仕訳―開始仕訳

現在のページが属するカテゴリのサイトにおける位置づけ



プライバシーポリシー