仕訳―複式簿記の本質―②貸借平均の原則(同一金額) - [経済]簿記勘定科目一覧表(用語集)

[経済]簿記勘定科目一覧表(用語集)

勘定科目を体系的に分類し、仕訳の仕方等を解説した会計の実務的マニュアルです。

仕訳―複式簿記の本質―②貸借平均の原則(同一金額)



(" 簿記の分類1―複式簿記―②貸借平均の原則 "から複製)

貸借平均の原則とは

貸借平均の原則の定義・意味など

貸借平均の原則(たいしゃくへいきんのげんそく)とは、複式簿記仕訳における借方貸方の均衡性・平衡性、つまり、貸借対照表損益計算書のすべての勘定を通じて、ひとつの取引について借方に記入された額の合計と貸方に記入された額の合計は必ず一致するという原則をいう。

貸借平均の原則の位置づけ・体系(上位概念等)

複式簿記の原則

貸借平均の原則複式簿記の原則(本質)のひとつである。

なお、複式簿記においては、取引勘定科目に分類する仕訳という作業が行われる。

そして、仕訳には、取引の二重性貸借平均の原則という2つの原則がある。

  1. 取引の二重性
  2. 貸借平均の原則

貸借平均の原則は、1つの取引を2つの側面(借方貸方。原因と結果あるいは自分と他人)に分けて記入するという取引の二重性の結果として当然に導きだされる原則である。

なお、リトルトンはその著『会計発達史』で「複式簿記の基調は、形式の二重性にうちにこれを見出そうとするよりも、むしろ結果の均衡性のうちにこれを求める方が妥当なのではあるまいか。」と述べている。

リトルトン 『会計発達史[増補版]』 同文館出版、2002年、43項。

貸借平均の原則の歴史・沿革・由来・起源・経緯など

資本取引から損益取引

複式簿記は、本来は増加した産(実在勘定)と減少した産(実在勘定)を左右に併記する(→取引の二重性)ことにより、均衡を保ち(→貸借平均の原則)、産を管理しようというものである(→資本取引)。

参考:経過勘定って何だろう?【その2】 | 記帳代行ヘルパー税理士村上正城 http://www.kicho-helper.com/news/accounting/keikakanjyou2.html

たとえば、現金土地を買った場合、増加した産(土地)と減少した産(現金)は均衡し、貸借平均の原則が成り立つ。

したがって、特に貸借対照表における均衡性は決定的事実である。

リトルトン 『会計発達史[増補版]』 同文館出版、2002年、43項。

しかし、たとえば、安く仕入れ商品が高く売れた場合には、増加した産と減少した産の均衡性が破られ、貸借平均の原則が成り立たなくなる。

そこで、考え出されたのが名目勘定損益計算書勘定科目であり(→損益取引)、これにより貸借対照表損益計算書のすべての勘定を通して貸借平均の原則が維持されることになった。

貸借平均の原則の目的・役割・意義・機能・作用など

等価交換

複式簿記では、1つの取引を原因と結果の2つの側面に分けて(→取引の二重性)、それぞれ同一額を記入する(→貸借平均の原則)。

これは、何かを得るには必ず同等の何かを減らしていること、つまり、無から有が生じることはない、あるいは有が突然無になることはないこと、すなわち、簿記の本質である等価交換を意味する。

アニメ『鋼の錬術師』では「等価交換」という概念がキーワードになっている。



| 現在のカテゴリ:簿記―仕訳 |

現在のカテゴリ:簿記―仕訳

カテゴリ内のコンテンツの一覧[全 17 ページ(カテゴリページは除く)]

現在のカテゴリ:「簿記―仕訳」内のコンテンツは以下のとおりです。

  1. 仕訳
  2. 仕訳―複式簿記の本質―①取引の二重性(借方と貸方。原因と結果)
  3. 仕訳―複式簿記の本質―②貸借平均の原則(同一金額)
  4. 仕訳―書式・様式―摘要
  5. 仕訳―種類―貸借反対仕訳(反対仕訳・逆仕訳・取消仕訳)
  6. 仕訳―種類―振替仕訳
  7. 仕訳―種類―再振替仕訳
  8. 仕訳―種類―修正仕訳
  9. 仕訳―種類―訂正仕訳
  10. 仕訳―種類―単純仕訳と複合仕訳―単純仕訳(単一仕訳)
  11. 仕訳―種類―単純仕訳と複合仕訳―複合仕訳
  12. 仕訳―種類―決算仕訳
  13. 仕訳―種類―決算仕訳―決算整理仕訳(決算修正仕訳)
  14. 仕訳―種類―決算仕訳―決算振替仕訳
  15. 仕訳―種類―決算仕訳―決算振替仕訳―損益振替仕訳
  16. 仕訳―種類―決算仕訳―決算振替仕訳―資本振替仕訳
  17. 仕訳―種類―決算仕訳―開始仕訳



関連コンテンツ


現在のカテゴリ:簿記―仕訳 の位置づけ

現在のカテゴリ:「簿記―仕訳」のサイトにおける位置づけは以下のとおりです。

プライバシーポリシー