決算手続き―決算本手続き - [経済]簿記勘定科目一覧表(用語集)

[経済]簿記勘定科目一覧表(用語集)

勘定科目を体系的に分類し、仕訳の仕方等を解説した会計の実務的マニュアルです。

決算手続き―決算本手続き



決算本手続きとは

決算本手続きの定義・意味・意義

決算手続きは、次の2つ、または3つの段階に分けられる。

  1. 決算予備手続
  2. 決算本手続

または

  1. 決算予備手続
  2. 決算本手続
  3. 決算報告手続

決算本手続きとは、このように決算手続きをいくつかの段階に分類した場合の一つの段階である。

決算手続きの分類・体系化の仕方の違いにより、その内容は異なってくる。

決算本手続きの内容・概要

手書き帳簿を前提にする伝統的な簿記論では、決算本手続きとして、次のような作業を行うものとされている。

  1. 帳簿決算
  2. 決算書財務諸表)の作成

ただし、決算整理が決算本手続に位置づけられることもある。

また、決算手続き決算予備手続、決算本手続、決算報告手続の3つに分けて考える立場では、決算書財務諸表)の作成は決算報告手続に位置づけられることになる。

この場合、決算本手続は帳簿決算を意味することになる。

1.帳簿決算

英米式決算法に基づいた場合)

1.1 決算整理試算表の作成

決算整理帳簿に正しく行われたかを検証するために、決算整理試算表を作成する。

1.2 費用収益の諸勘定の締切り

作成した決算整理試算表に基づいて、決算振替仕訳を行って費用収益の諸勘定残高損益勘定振替えて、費用収益の諸勘定を締め切る。

1.3 損益勘定の締切り

決算振替仕訳を行って損益勘定残高(当期純利益損失)を繰越利益剰余金勘定振替えて、損益勘定を締め切る。

1.4 資産負債純資産資本)の諸勘定の締切り

資産負債純資産資本)の諸勘定残高の反対側に次期繰越と赤字記入し、資産負債純資産資本)の諸勘定を締め切る。

1.5 繰越試算表の作成

資産負債純資産資本)の諸勘定の締切りの際は、決算振替仕訳を行わないので、記帳の正確性を検証するために、資産負債純資産資本)の諸勘定残高繰越試算表に集計し、チェックする。

2.決算書財務諸表)の作成

損益勘定から損益計算書を、繰越試算表から貸借対照表を、それぞれ作成する。



| 現在のカテゴリ:決算手続総論 |

現在のカテゴリ:決算手続総論

カテゴリ内のコンテンツの一覧[全 13 ページ(カテゴリページは除く)]

現在のカテゴリ:「決算手続総論」内のコンテンツは以下のとおりです。

  1. 決算手続き
  2. 決算手続き―決算予備手続き
  3. 決算手続き―決算予備手続き―試算表
  4. 決算手続き―決算予備手続き―試算表―合計試算表
  5. 決算手続き―決算予備手続き―試算表―残高試算表
  6. 決算手続き―決算予備手続き―試算表―合計残高試算表
  7. 決算手続き―決算予備手続き―決算整理
  8. 決算手続き―決算予備手続き―決算整理―決算整理事項
  9. 決算手続き―決算予備手続き―決算整理―決算整理仕訳(決算修正仕訳)
  10. 決算手続き―決算予備手続き―精算表
  11. 決算手続き―決算本手続き
  12. 決算手続き―会計ソフトウェアを使用する場合―個人の場合
  13. 決算手続き―会計ソフトウェアを使用する場合―会社の場合



関連コンテンツ


現在のカテゴリ:決算手続総論 の位置づけ

現在のカテゴリ:「決算手続総論」のサイトにおける位置づけは以下のとおりです。

プライバシーポリシー