仕訳―種類―決算仕訳―決算整理仕訳(決算修正仕訳) - [経済]簿記勘定科目一覧表(用語集)

[経済]簿記勘定科目一覧表(用語集)

勘定科目を体系的に分類し、仕訳の仕方等を解説した会計の実務的マニュアルです。

仕訳―種類―決算仕訳―決算整理仕訳(決算修正仕訳)



決算整理仕訳とは

決算整理仕訳の定義・意味・意義

決算整理仕訳(けっさんせいりしわけ)とは、決算整理のために行う仕訳をいう。

決算本手続きの前半で行われ、その内容は各勘定残高修正仕訳である。

決算整理仕訳の別名・別称・通称など

決算修正仕訳

決算整理仕訳は、決算修正仕訳ともいう。

決算整理仕訳の趣旨・目的・役割・機能

決算整理

簿記決算書を作成して企業政状態(→資産負債純資産資本))と経営成績(→収益費用)を明らかにすること等を目的とする。

そして、決算書期中に作成した総勘定元帳をもとにして作成する。


しかし、期間損益計算の観点からは、その総勘定元帳の各残高が正しい期末資産負債純資産資本)の額および当期の収益費用額を表示しているとは限らない。


そこで、資産負債収益費用額を修正する作業である決算整理が必要となる。

この決算整理のために行われる仕訳が決算整理仕訳である。

決算整理仕訳の範囲・具体例

決算整理仕訳の対象となる事項(決算整理事項)としては次のようなものがある。

決算整理仕訳の位置づけ・体系(上位概念等)

仕訳

仕訳は実務上その用いられ方等により次のようにさまざまに呼称されている。

決算整理仕訳もそのひとつである。



| 現在のカテゴリ:簿記―仕訳 |

現在のカテゴリ:簿記―仕訳

カテゴリ内のコンテンツの一覧[全 17 ページ(カテゴリページは除く)]

現在のカテゴリ:「簿記―仕訳」内のコンテンツは以下のとおりです。

  1. 仕訳
  2. 仕訳―複式簿記の本質―①取引の二重性(借方と貸方。原因と結果)
  3. 仕訳―複式簿記の本質―②貸借平均の原則(同一金額)
  4. 仕訳―書式・様式―摘要
  5. 仕訳―種類―貸借反対仕訳(反対仕訳・逆仕訳・取消仕訳)
  6. 仕訳―種類―振替仕訳
  7. 仕訳―種類―再振替仕訳
  8. 仕訳―種類―修正仕訳
  9. 仕訳―種類―訂正仕訳
  10. 仕訳―種類―単純仕訳と複合仕訳―単純仕訳(単一仕訳)
  11. 仕訳―種類―単純仕訳と複合仕訳―複合仕訳
  12. 仕訳―種類―決算仕訳
  13. 仕訳―種類―決算仕訳―決算整理仕訳(決算修正仕訳)
  14. 仕訳―種類―決算仕訳―決算振替仕訳
  15. 仕訳―種類―決算仕訳―決算振替仕訳―損益振替仕訳
  16. 仕訳―種類―決算仕訳―決算振替仕訳―資本振替仕訳
  17. 仕訳―種類―決算仕訳―開始仕訳



関連コンテンツ


現在のカテゴリ:簿記―仕訳 の位置づけ

現在のカテゴリ:「簿記―仕訳」のサイトにおける位置づけは以下のとおりです。

プライバシーポリシー