消費税―計算方法(課税方法)―仕入税額控除―仕入控除税額―計算―例外―簡易課税―メリットとデメリット - [経済]簿記勘定科目一覧表(用語集)

[経済]簿記勘定科目一覧表(用語集)

勘定科目を体系的に分類し、仕訳の仕方等を解説した会計の実務的マニュアルです。

消費税―計算方法(課税方法)―仕入税額控除―仕入控除税額―計算―例外―簡易課税―メリットとデメリット



(" 消費税―計算方法(課税方法)―仕入税額控除―仕入控除税額―計算―例外―簡易課税―メリットとデメリット "から複製)

簡易課税のメリットとデメリット

消費税の課方法(計算方法)には、次の2つの方法があります。

  1. 原則…一般課税原則課税本則課税
  2. 例外…簡易課税

このうち一般課税方式により消費税を計算し消費税申告をすることが原則とされていますが、この2つの計算方法は自由に選択することができます。

そのため、適切な選択をするには、それぞれの計算方法のメリットとデメリットをきちんと理解しておく必要があります。

そこで、このページでは簡易課税方式のメリットとデメリットについてまとめてみます。

基本としては、簡易課税では、実際に支出した仕入経費の額にかかわりなく、売上から仕入経費を一律に推計して(「みなし仕入率」というものを使用します)控除額を算出し、消費税額を決定しますので、計算は簡単になるますが、一般的には実際よりも消費税額が多くなる場合が多くなる、ということです。

メリット・長所・利点・有利な点

計算が簡便であること

簡易課税の最大のメリットは、消費税額の計算が簡便であるということです。

一般課税では、一つ一つの取引について、消費税が課されるかという観点から区分したうえ(→消費税における取引の分類・種類)、そのうち仕入税額控除の対象となる取引課税取引免税取引)に含まれる消費税額だけを集計する必要がありますので、計算がかなり煩雑となります。

従業員の給与の割合が高い事業所では消費税額が少なくなる場合があること

給与不課税取引課税対象外)に該当するため、一般課税では仕入税額控除の対象とはなりません。

そのため、経費に占める従業員の給与の割合が高い事業所では、簡易課税を選択したほうが消費税額が少なくなる場合があります。

デメリット・短所・欠点・弱点・不利な点

実際よりも消費税額が多くなる場合が多くなる

簡易課税では、一般的には実際よりも消費税額を多く納めることになる場合が多くなります。

ただし、事業の内容によっては、その逆になることもあります。

大きな設備投資がある場合にその年に控除できないこと

一般課税では、大きな設備投資がある場合、その年度中に控除(=仕入税額控除)することができます。

固定資産会計的には「資産」となりますが、消費税法上では「仕入」として取り扱われます。

これに対して、簡易課税では、実際に支出した控除額を計算するのではなく(つまり、実際に支出した経費にかかわりなく)、「みなし仕入率」を使って控除額を算出しますので、大きな設備投資があっても控除額に反映されません(つまり、消費税額が安くなりません)。

2年間継続する必要があること

いったん簡易課税制度を選択すると、最低でも2年間は継続して適用を受けなければなりません。



| 現在のカテゴリ:消費税 |

現在のカテゴリ:消費税

カテゴリ内のコンテンツの一覧[全 44 ページ(カテゴリページは除く)]

現在のカテゴリ:「消費税」内のコンテンツは以下のとおりです。

  1. 消費税等
  2. 消費税
  3. 消費税―課税対象
  4. 消費税―課税対象―国内取引
  5. 消費税―課税対象―輸入取引
  6. 消費税―取引の実務上の分類
  7. 消費税―取引の実務上の分類―課税取引
  8. 消費税―取引の実務上の分類―非課税取引
  9. 消費税―取引の実務上の分類―免税取引
  10. 消費税―取引の実務上の分類―免税取引―輸出免税
  11. 消費税―取引の実務上の分類―免税取引―輸出免税の範囲
  12. 消費税―取引の実務上の分類―不課税取引
  13. 消費税―納税義務者―課税事業者
  14. 消費税―納税義務者―免税事業者
  15. 消費税―納税義務者―免税事業者―判定基準―課税期間に係る基準期間における課税売上高―課税期間
  16. 消費税―納税義務者―免税事業者―判定基準―課税期間に係る基準期間における課税売上高―基準期間
  17. 消費税―納税義務者―免税事業者―判定基準―課税期間に係る基準期間における課税売上高―課税売上高
  18. 消費税―計算方法(課税方法)
  19. 消費税―計算方法(課税方法)―課税売上高(課税売上・課税売上げ)
  20. 消費税―計算方法(課税方法)―仕入税額控除
  21. 消費税―計算方法(課税方法)―仕入税額控除―仕入控除税額
  22. 消費税―計算方法(課税方法)―仕入税額控除―仕入控除税額―分類―課税仕入(課税仕入れ)
  23. 消費税―計算方法(課税方法)―仕入税額控除―仕入控除税額―計算―原則―一般課税(原則課税・本則課税)
  24. 消費税―計算方法(課税方法)―仕入税額控除―仕入控除税額―計算―原則―一般課税(原則課税・本則課税)―メリットとデメリット
  25. 消費税―計算方法(課税方法)―仕入税額控除―仕入控除税額―計算―原則―一般課税(原則課税・本則課税)―課税売上割合
  26. 消費税―計算方法(課税方法)―仕入税額控除―仕入控除税額―計算―原則―一般課税(原則課税・本則課税)―課税売上割合―個別対応方式
  27. 消費税―計算方法(課税方法)―仕入税額控除―仕入控除税額―計算―原則―一般課税(原則課税・本則課税)―課税売上割合―一括比例配分方式
  28. 消費税―計算方法(課税方法)―仕入税額控除―仕入控除税額―計算―例外―簡易課税
  29. 消費税―計算方法(課税方法)―仕入税額控除―仕入控除税額―計算―例外―簡易課税―みなし仕入率
  30. 消費税―計算方法(課税方法)―仕入税額控除―仕入控除税額―計算―例外―簡易課税―要件
  31. 消費税―計算方法(課税方法)―仕入税額控除―仕入控除税額―計算―例外―簡易課税―メリットとデメリット
  32. 消費税―手続き―はじめて課税事業者に該当した場合―消費税課税事業者届出手続(消費税課税事業者届出書の提出)
  33. 消費税―手続き―免税事業者が課税事業者になることを選択する場合―消費税課税事業者選択届出手続
  34. 消費税―手続き―免税事業者が課税事業者になることを選択する場合―消費税課税事業者選択届出手続―手続き(消費税課税事業者選択届出書の提出)
  35. 消費税―手続き―決算―消費税の計上
  36. 消費税―手続き―決算―消費税の計上―税抜処理方式を採用している場合
  37. 消費税―手続き―決算―消費税の計上―税込処理方式を採用している場合
  38. 消費税―手続き―確定申告と納付・還付
  39. 消費税―手続き―確定申告と納付・還付―納付(消費税の納付)
  40. 消費税―手続き―確定申告と納付・還付―還付(消費税の還付)
  41. 消費税―会計処理方式
  42. 消費税―会計処理方式―税抜処理方式(税抜方式・税抜経理方式)
  43. 消費税―会計処理方式―税込処理方式(税込方式・税込経理方式)
  44. 消費税―会計処理方式―選択



関連コンテンツ


現在のカテゴリ:消費税 の位置づけ

現在のカテゴリ:「消費税」のサイトにおける位置づけは以下のとおりです。

プライバシーポリシー