手形―基本―手形関係―手形金の支払い―手形の取立て(支払いを受ける側) - [経済]簿記勘定科目一覧表(用語集)

[経済]簿記勘定科目一覧表(用語集)

勘定科目を体系的に分類し、仕訳の仕方等を解説した会計の実務的マニュアルです。

手形―基本―手形関係―手形金の支払い―手形の取立て(支払いを受ける側)



手形の取立てとは

手形の取立ての定義・意味など

手形の取立て(てがたのとりたて)とは、手形の所持人が、自分の取引銀行を通じて、手形の支払いを受けることをいう。

手形の取立ての目的・役割・意義・機能・作用など

手形に記載された額(手形)は、手形に記載されている支払期日(満期日)に支払いが行われる。

ただし、そのためには、手形の所持人が、振出人または引受人に、その手形を呈示する必要がある。

なお、手形の所持人が、振出人または引受人などに手形を呈示して、支払いを求める行為を支払呈示(支払のための呈示)という。

そして、手形を呈示をする場所は、手形に記載されている支払地における振出人等の営業所や住所、または手形交換所である。

ただし、実際には、手形の所持人は手形交換所に加盟している銀行(一般には手形の所持人の取引銀行)に取立てを依頼するしくみになっている。

手形の決済は、手形交換所という場所で行われる。

手形の取立ての位置づけ・体系(上位概念等)

手形関係

手形の取立ては、手形関係の一種である。

手形の取立てと関係する概念

反対概念・対概念
手形の決済

手形の支払い」を支払いをする側からみたものを手形の決済という。

手形の決済(手形決済)

手形の取立ての会計簿記経理上の取り扱い

会計処理方法

使用する勘定科目・記帳の仕方等
受取手形

所持人が手形の取立てを行った場合は、手形を受け取る権利がなくなるので、受取手形勘定資産)の貸方に記帳して受取手形を減少させるとともに、当座預金勘定借方に記帳する。

なお、銀行に取立依頼をした場合に、取立依頼中の受取手形を手持ちの受取手形と区別して管理するために特に取立手形勘定が用いられることもある。



| 現在のカテゴリ:手形 |

現在のカテゴリ:手形

カテゴリ内のコンテンツの一覧[全 20 ページ(カテゴリページは除く)]

現在のカテゴリ:「手形」内のコンテンツは以下のとおりです。

  1. 手形
  2. 手形―基本―手形行為
  3. 手形―基本―手形行為・手形関係―手形の振出し(手形の振出)
  4. 手形―基本―手形行為・手形関係―手形の引受け(手形引受け)
  5. 手形―基本―手形行為・手形関係―手形の裏書譲渡(裏書)
  6. 手形―基本―手形関係
  7. 手形―基本―手形関係―手形金の支払い―手形の取立て(支払いを受ける側)
  8. 手形―基本―手形関係―手形金の支払い―手形の決済(支払いをする側)
  9. 手形―基本―手形関係―手形の遡求(償還請求・遡及)
  10. 手形―分類・種類―商業手形
  11. 手形―分類・種類―商業手形―約束手形
  12. 手形―分類・種類―商業手形―為替手形
  13. 手形―分類・種類―商業手形―為替手形―自己宛為替手形
  14. 手形―分類・種類―商業手形―為替手形―自己指図為替手形(自己受為替手形)
  15. 手形―分類・種類―金融手形(融通手形)
  16. 手形割引(商業手形割引)
  17. 手形借入
  18. 交換手形(書合手形・馴合手形)
  19. 手形の更改(手形の書換え・手形のジャンプ)
  20. 手形の不渡り



関連コンテンツ


現在のカテゴリ:手形 の位置づけ

現在のカテゴリ:「手形」のサイトにおける位置づけは以下のとおりです。

プライバシーポリシー