手形の不渡り - [経済]簿記勘定科目一覧表(用語集)

[経済]簿記勘定科目一覧表(用語集)

勘定科目を体系的に分類し、仕訳の仕方等を解説した会計の実務的マニュアルです。

手形の不渡り



手形の不渡りとは

手形の不渡りの定義・意味など

手形の不渡り(てがたのふわたり)とは、手形が支払期日までに決済(→手形の決済)されないことをいう。

手形の不渡りの制度の目的・役割・意義・機能・作用など

取引の安全の保護

手形は、理論上は高度の流通性が与えられているため、手形債権者を不測の損害から守って取引の安全を保護することが強く要請される。

そのため、手形取引は通常の商取引より手厚く保護される必要がある。

そこで、不渡りを起こした者には厳しい処分がとられる。

なお、手形が不渡りとなる原因は、資不足など支払不能がほとんどである。

すなわち、不渡りを2回出した者は、銀行取引停止処分を受けることとなる。

そして、この処分を受けると、預金借入などあらゆる銀行取引が停止されるため、会社決済手段を失い、事実上倒産することとなる。

手形の不渡りの会計簿記経理上の取り扱い

会計処理方法

使用する勘定科目・記帳の仕方等
所持している手形が不渡りになった場合

所持している手形が不渡りになった場合は、通常の受取手形と区別するために、受取手形勘定資産)から不渡手形勘定資産)に振り替える。

また、手形が不渡りになったことによる償還請求などの諸費用(支払拒絶証書の作成費用等)も不渡手形勘定に含める。

不渡手形額 = 手形の額面額 + 償還請求などの諸費用

不渡手形を回収した場合

不渡手形を回収した場合は、不渡手形勘定貸方に記帳して不渡手形を減少させる。

なお、期限後利息受取利息勘定営業外収益)で処理をする。

不渡手形が回収不能になった場合

不渡手形が回収不能となった場合は、貸倒れの処理をする(→貸倒損失の計上)。

取引の具体例と仕訳の仕方

所持している手形が不渡りになった場合

取引

所持している約束手形が不渡りとなり、償還請求を行なった。

仕訳

借方科目
貸方科目
不渡手形 ×××× 受取手形 ××××
現金 ××××

償還請求に要した費用の分

不渡手形を回収した場合

取引

不渡手形手形が期限後利息とともに当座預金に振り込まれた。

仕訳

借方科目
貸方科目
当座預金 ×××× 不渡手形 ××××
受取利息 ××××

不渡手形が回収不能になった場合

取引

不渡手形が回収不能となった。

仕訳

借方科目
貸方科目
貸倒損失 ×××× 売掛金 ××××




| 現在のカテゴリ:手形 |

現在のカテゴリ:手形

カテゴリ内のコンテンツの一覧[全 20 ページ(カテゴリページは除く)]

現在のカテゴリ:「手形」内のコンテンツは以下のとおりです。

  1. 手形
  2. 手形―基本―手形行為
  3. 手形―基本―手形行為・手形関係―手形の振出し(手形の振出)
  4. 手形―基本―手形行為・手形関係―手形の引受け(手形引受け)
  5. 手形―基本―手形行為・手形関係―手形の裏書譲渡(裏書)
  6. 手形―基本―手形関係
  7. 手形―基本―手形関係―手形金の支払い―手形の取立て(支払いを受ける側)
  8. 手形―基本―手形関係―手形金の支払い―手形の決済(支払いをする側)
  9. 手形―基本―手形関係―手形の遡求(償還請求・遡及)
  10. 手形―分類・種類―商業手形
  11. 手形―分類・種類―商業手形―約束手形
  12. 手形―分類・種類―商業手形―為替手形
  13. 手形―分類・種類―商業手形―為替手形―自己宛為替手形
  14. 手形―分類・種類―商業手形―為替手形―自己指図為替手形(自己受為替手形)
  15. 手形―分類・種類―金融手形(融通手形)
  16. 手形割引(商業手形割引)
  17. 手形借入
  18. 交換手形(書合手形・馴合手形)
  19. 手形の更改(手形の書換え・手形のジャンプ)
  20. 手形の不渡り



関連コンテンツ


現在のカテゴリ:手形 の位置づけ

現在のカテゴリ:「手形」のサイトにおける位置づけは以下のとおりです。

プライバシーポリシー