手形―分類・種類―商業手形 - [経済]簿記勘定科目一覧表(用語集)

[経済]簿記勘定科目一覧表(用語集)

勘定科目を体系的に分類し、仕訳の仕方等を解説した会計の実務的マニュアルです。

手形―分類・種類―商業手形



商業手形とは 【commercial bill

商業手形の定義・意味など

商業手形(しょうぎょうてがた)とは、手形の振出し原因関係に、商取引という実質的な法律関係がある手形をいう。

商業手形の具体例

商業手形の位置づけ・体系(上位概念等)

手形

商業手形は手形のひとつである。

なお、手形は、原因関係の有無により、商業手形と金融手形融通手形)に大別される。

ただし、単に「手形」という場合には、商業手形を指すのが一般的である。

商業手形の分類・種類

約束手形為替手形

商業手形は、約束手形為替手形に分類される。

商業手形の目的・役割・意義・機能・作用など

利子資金調達

手形を振り出すと、満期日まで実際の支払い期限が延長されるため、実質的には無利子で借資本調達)していることと同じになる。

支払サイト(支払いサイト)

たとえば、手元に現金がない場合に、約束手形を振り出して代にあてることができる。

もちろん、通常の取引(→買掛金)でもいいが、貸す側からすると、手形債権とした方が債権回収が確実になるというメリットがある。

商業手形の会計簿記経理上の取り扱い

会計処理方法

使用する勘定科目・記帳の仕方等
受取手形支払手形など

手形は、手形法上は約束手形為替手形とに分類される。

しかし、簿記上では手形はこの法律上の分類にかかわらず、通常の営業取引から生じた手形債権と手形債務については、受取手形支払手形という2つの勘定科目で処理をする。

つまり、約束手形為替手形といった勘定科目は存在しない。

ただし、通常の営業以外の取引から生じたもの、裏書譲渡手形割引などの特定の手形行為手形の不渡りなどについては特別な勘定科目を使用する場合もある。

なお、手形に関する勘定科目としては次のようなものがある。



| 現在のカテゴリ:手形 |

現在のカテゴリ:手形

カテゴリ内のコンテンツの一覧[全 20 ページ(カテゴリページは除く)]

現在のカテゴリ:「手形」内のコンテンツは以下のとおりです。

  1. 手形
  2. 手形―基本―手形行為
  3. 手形―基本―手形行為・手形関係―手形の振出し(手形の振出)
  4. 手形―基本―手形行為・手形関係―手形の引受け(手形引受け)
  5. 手形―基本―手形行為・手形関係―手形の裏書譲渡(裏書)
  6. 手形―基本―手形関係
  7. 手形―基本―手形関係―手形金の支払い―手形の取立て(支払いを受ける側)
  8. 手形―基本―手形関係―手形金の支払い―手形の決済(支払いをする側)
  9. 手形―基本―手形関係―手形の遡求(償還請求・遡及)
  10. 手形―分類・種類―商業手形
  11. 手形―分類・種類―商業手形―約束手形
  12. 手形―分類・種類―商業手形―為替手形
  13. 手形―分類・種類―商業手形―為替手形―自己宛為替手形
  14. 手形―分類・種類―商業手形―為替手形―自己指図為替手形(自己受為替手形)
  15. 手形―分類・種類―金融手形(融通手形)
  16. 手形割引(商業手形割引)
  17. 手形借入
  18. 交換手形(書合手形・馴合手形)
  19. 手形の更改(手形の書換え・手形のジャンプ)
  20. 手形の不渡り



関連コンテンツ


現在のカテゴリ:手形 の位置づけ

現在のカテゴリ:「手形」のサイトにおける位置づけは以下のとおりです。

プライバシーポリシー