金融政策 - [経済]簿記勘定科目一覧表(用語集)

[経済]簿記勘定科目一覧表(用語集)

勘定科目を体系的に分類し、仕訳の仕方等を解説した会計の実務的マニュアルです。



金融政策

金融政策とは 【financial policy

金融政策の定義・意味・意義

金融政策とは、中央銀行である日本銀行が行う経済政策をいう。

金融政策の位置づけ・体系(上位概念)

経済政策

国が行う経済政策は政政策と金融政策の2本の柱からなる。

  1. 政政策
  2. 金融政策

金融政策の趣旨・目的・役割・機能

金融政策の目的は、次の3つがある。

  1. 物価の安定
  2. 景気変動の調整
  3. 国際収支の均衡

このうち、日銀は、特に物価の安定を重視している。

金融政策の方向性

上記目的を実現するためにとられる金融政策の方向性には大別すると次の2つがある。

  1. 金融引締め
  2. 金融緩和

金融政策の目標

上記目的を実現するために金融政策の目標とされるものは大別すると次の2つがある。

  1. 金利の水準
  2. マネーの量

詳細については、次のページを参照。

金融政策の目標

金融政策の手段・方法

そして、金利またはマネーの量(マネタリーベースまたはマネーサプライ)をコントロールするための主な手段・方法は次の3つがある。

その中心は、公開市場操作である。

日本銀行政策委員会によって決定される。

このほか、民間金融機関貸出額を規制する窓口規制があったが、1991年7月に廃止された。

  1. 公定歩合操作金利政策)
  2. 公開市場操作オープンマーケットオペレーション
  3. 支払準備率操作預金準備率操作

金融政策の問題点・課題

バブル期

膨張したマネー経済のもとでは、金融政策による通貨残高のコントロールがきかないという新しい状況も出現している。

たとえば、中央銀行景気の過熱を調整するために金利を引き上げても、マネーサプライマネーストック通貨残高)が減少しないなどの状況である。

これは、民間金融機関金融派生商品などにより積極的に信用創造貨幣供給)を行うようになってきたからである。

ゼロ金利政策

ゼロ金利が続く経済においては、中央銀行ハイパワードマネー供給しても物価に影響を与えられないばかりか、マネーサプライにすら影響を与えることができないという状況が発生した。



| 現在のカテゴリ:マクロ経済―金融―金融政策 |

カテゴリ内のコンテンツの一覧[全 16 ページ(カテゴリページは除く)]

現在のカテゴリ:「マクロ経済―金融―金融政策」内のコンテンツは以下のとおりです。

  1. 金融政策
  2. 金融政策―目標
  3. 金融政策―方向性―金融引締め
  4. 金融政策―方向性―金融緩和
  5. 金融政策―方向性―金融緩和―質的金融緩和(質的緩和政策・伝統的緩和政策)
  6. 金融政策―方向性―金融緩和―質的金融緩和―ゼロ金利
  7. 金融政策―方向性―金融緩和―量的金融緩和(量的緩和政策・非伝統的緩和政策)
  8. 金融政策―方向性―金融緩和―マイナス金利
  9. 金融政策―方法―公定歩合操作
  10. 金融政策―方法―支払準備率操作(預金準備率操作)
  11. 金融政策―方法―支払準備率操作(預金準備率操作)―準備預金(支払準備)
  12. 金融政策―方法―支払準備率操作(預金準備率操作)―支払準備率(預金準備率)
  13. 金融政策―方法―公開市場操作(オープンマーケットオペレーション)
  14. 金融政策―方法―公開市場操作―売りオペレーション(売りオペ)
  15. 金融政策―方法―公開市場操作―買いオペレーション(買いオペ)
  16. 金融政策―方法―窓口規制


関連コンテンツ

現在のカテゴリ:マクロ経済―金融―金融政策 の位置づけ

現在のカテゴリ:「マクロ経済―金融―金融政策」のサイトにおける位置づけは以下のとおりです。

プリバシーポリシー