国際財務報告基準(IFRS) - [経済]簿記勘定科目一覧表(用語集)

[経済]簿記勘定科目一覧表(用語集)

勘定科目を体系的に分類し、仕訳の仕方等を解説した会計の実務的マニュアルです。

国際財務報告基準(IFRS)



国際財務報告基準とは 【International Financial Reporting Standards

国際財務報告基準(IFRS)の定義・意味・意義

国際財務報告基準とは、ロンドンに本部を置く民間の会計基準設定主体である国際会計基準審議会(IASB)によって設定される会計基準をいう。

「International Financial Reporting Standards」の訳で、略してIFRSという。

国際財務報告基準(IFRS)の趣旨・目的・機能

国際財務報告基準(IFRS)は、投資家の意思決定に有用な情報提供を行うことを目的とする。

国際財務報告基準(IFRS)の特色・特徴・特性

原則主義

国際財務報告基準(IFRS)は、原則のみを規定し、詳細な規則はない。

そして、企業ごとに原則を解釈・判断し、その根拠は注記で説明することになる。

これに対して、日本の会計基準では、詳細に規則化する。

資産負債アプローチ

国際財務報告基準(IFRS)は、2会計期間貸借対照表差額を重視する。

これに対して、日本の会計基準では、1会計期間に稼いだ純利益を重視する。

投資家を最重要視

先述したように、国際財務報告基準(IFRS)は、投資家の意思決定に有用な情報提供を行うことを最重視する。

これに対して、日本の会計基準では、債権者、務当局も含めたすべての利害関係者に配慮する。

国際財務報告基準(IFRS)の経緯・沿革・歴史など

世界

2005年(平成17年)からEU域内の上場企業の連結財務諸表に対して強制適用が開始された。

2010年(平成22年)現在で、100カ国以上で適用が強制ないしは許容されている。

日本
上場企業

2010年(平成22年)3月期から、上場企業については、国際財務報告基準(IFRS)の任意適用が開始された。

中小企業(非上場企業

中小企業を含む非上場企業については、国際財務報告基準(IFRS)の強制適用は将来的にもまったく想定されていない。



| 現在のカテゴリ:会計基準と制度会計等 |

現在のカテゴリ:会計基準と制度会計等

カテゴリ内のコンテンツの一覧[全 23 ページ(カテゴリページは除く)]

現在のカテゴリ:「会計基準と制度会計等」内のコンテンツは以下のとおりです。

  1. 会計公準
  2. 企業会計審議会―会計基準
  3. 企業会計審議会―会計基準―企業会計原則
  4. 企業会計審議会―会計基準―原価計算基準
  5. 企業会計審議会―会計基準―外貨建取引等会計処理基準
  6. 企業会計審議会―会計基準―研究開発費等に係る会計基準
  7. 企業会計審議会―会計基準―研究開発費等に係る会計基準―研究開発費及びソフトウェアの会計処理に関する実務指針
  8. 企業会計基準委員会―企業会計基準
  9. 企業会計基準委員会―企業会計基準―貸借対照表の純資産の部の表示に関する会計基準(第5号)
  10. 企業会計基準委員会―企業会計基準―棚卸資産の評価に関する会計基準(第9号)
  11. 企業会計基準委員会―企業会計基準―金融商品に関する会計基準(金融商品会計基準)(第10号)
  12. 企業会計基準委員会―企業会計基準―金融商品に関する会計基準―金融商品会計に関する実務指針(金融商品会計実務指針)
  13. 企業会計基準委員会―企業会計基準適用指針
  14. 企業会計基準委員会―実務対応報告
  15. 企業会計基準委員会―実務対応報告―繰延資産の会計処理に関する当面の取扱い(第19号)
  16. その他―中小企業の会計に関する指針
  17. 制度会計
  18. 制度会計―会社法―会社計算規則
  19. 制度会計―金融商品取引法(旧 証券取引法)
  20. 制度会計―金融商品取引法(旧 証券取引法)―財務諸表等規則(財務諸表等の用語、様式及び作成方法に関する規則)
  21. 制度会計―減価償却資産の耐用年数等に関する省令
  22. 国際財務報告基準(IFRS)
  23. 監査基準



関連コンテンツ


現在のカテゴリ:会計基準と制度会計等 の位置づけ

現在のカテゴリ:「会計基準と制度会計等」のサイトにおける位置づけは以下のとおりです。

プライバシーポリシー