企業会計基準委員会―企業会計基準―金融商品に関する会計基準(金融商品会計基準)(第10号) - [経済]簿記勘定科目一覧表(用語集)

[経済]簿記勘定科目一覧表(用語集)

勘定科目を体系的に分類し、仕訳の仕方等を解説した会計の実務的マニュアルです。

企業会計基準委員会―企業会計基準―金融商品に関する会計基準(金融商品会計基準)(第10号)



金融商品に関する会計基準とは

金融商品に関する会計基準の定義・意味など

金融商品に関する会計基準(きんゆうしょうひんにかんするかいけいきじゅん)とは、企業会計基準委員会企業会計基準第10号として金融商品に関する会計処理を定めた会計基準をいう。

なお、資産の評価基準については「企業会計原則」に定めがあるが、金融商品に関しては、本会計基準が優先して適用されるものとされている。

企業会計基準第 10 号 金融商品に関する会計基準 https://www.asb.or.jp/asb/asb_j/documents/docs/fv-kaiji/fv-kaiji.pdf

金融商品に関する会計基準の目的・役割・意義・機能・作用など

企業会計原則などの伝統的な会計学では、資産の評価基準の問題については、原則として取得原価主義が採用されていた。

しかし、バブル崩壊後、株式等に多額の含み損が発生し、また、金融派生商品デリバティブ)が普及したが、取得原価主義のもとでは、株式金融派生商品デリバティブ)等の含み損・含み益を決算書に正しく反映させることができなかった。

そこで、企業会計審議会が1999年1月に「金融商品に係る会計基準」を公表し、時価会計が導入されるに至った。

そして、新会社法に対応させるべく、企業会計基準委員会が2008年3月に「金融商品に係る会計基準」を改正して、「金融商品に関する会計基準」を公表した。

金融商品に関する会計基準の内容

金融商品に関する会計基準は、次のような内容(体系・目次)を有している。

金融商品に関する会計基準と関係する概念

金融商品会計に関する実務指針

公認会計士協会が、金融商品会計基準を実務に適用する場合の具体的な指針等について、「金融商品会計に関する実務指針」を取りまとめている。

金融商品会計に関する実務指針 http://www.hp.jicpa.or.jp/specialized_field/pdf/00224-000428.pdf

金融商品に関する会計基準の別名・別称・通称など

金融商品会計基準

金融商品会計に関する実務指針」では、「金融商品に関する会計基準」は「金融商品会計基準」と略称されている。



| 現在のカテゴリ:会計基準と制度会計等 |

現在のカテゴリ:会計基準と制度会計等

カテゴリ内のコンテンツの一覧[全 23 ページ(カテゴリページは除く)]

現在のカテゴリ:「会計基準と制度会計等」内のコンテンツは以下のとおりです。

  1. 会計公準
  2. 企業会計審議会―会計基準
  3. 企業会計審議会―会計基準―企業会計原則
  4. 企業会計審議会―会計基準―原価計算基準
  5. 企業会計審議会―会計基準―外貨建取引等会計処理基準
  6. 企業会計審議会―会計基準―研究開発費等に係る会計基準
  7. 企業会計審議会―会計基準―研究開発費等に係る会計基準―研究開発費及びソフトウェアの会計処理に関する実務指針
  8. 企業会計基準委員会―企業会計基準
  9. 企業会計基準委員会―企業会計基準―貸借対照表の純資産の部の表示に関する会計基準(第5号)
  10. 企業会計基準委員会―企業会計基準―棚卸資産の評価に関する会計基準(第9号)
  11. 企業会計基準委員会―企業会計基準―金融商品に関する会計基準(金融商品会計基準)(第10号)
  12. 企業会計基準委員会―企業会計基準―金融商品に関する会計基準―金融商品会計に関する実務指針(金融商品会計実務指針)
  13. 企業会計基準委員会―企業会計基準適用指針
  14. 企業会計基準委員会―実務対応報告
  15. 企業会計基準委員会―実務対応報告―繰延資産の会計処理に関する当面の取扱い(第19号)
  16. その他―中小企業の会計に関する指針
  17. 制度会計
  18. 制度会計―会社法―会社計算規則
  19. 制度会計―金融商品取引法(旧 証券取引法)
  20. 制度会計―金融商品取引法(旧 証券取引法)―財務諸表等規則(財務諸表等の用語、様式及び作成方法に関する規則)
  21. 制度会計―減価償却資産の耐用年数等に関する省令
  22. 国際財務報告基準(IFRS)
  23. 監査基準



関連コンテンツ


現在のカテゴリ:会計基準と制度会計等 の位置づけ

現在のカテゴリ:「会計基準と制度会計等」のサイトにおける位置づけは以下のとおりです。

プライバシーポリシー