資産運用―方法―分散投資 - [経済]簿記勘定科目一覧表(用語集)

[経済]簿記勘定科目一覧表(用語集)

勘定科目を体系的に分類し、仕訳の仕方等を解説した会計の実務的マニュアルです。

資産運用―方法―分散投資



分散投資とは 【diversification diversified investment

分散投資の定義・意味・意義

分散投資とは、投資の対象を特定の資産・銘柄・地域(通貨)・時間等に偏らず、分散して投資することをいう。

なお、分散投資の仕組みを内包した金融商品が「投資信託」である。

分散投資の効果(趣旨・目的・機能)

分散投資の効用は「卵を一つの籠に盛るな」という格言で言い表される。

つまり、分散投資の最大の効用は、リスクを抑えて(軽減して)資産運用をすることが可能になることである。

これは効率的に資産を増やすための、科学的に裏付けられた資産運用理論である。

分散投資と関係・関連する概念

類似概念
資産配分アセットアロケーション

資産配分は分散投資とほぼ同義で使用されている場合もあるようである。

しかし、私見であるが、分散投資の概念のほうが資産配分の概念より広く、資産配分は分散投資の一例であると考えることもできる。

たとえば、分散投資には、資産分散以外にも時間分散(ドルコスト平均法など)などの手法があるが、資産配分資産(アセット)レベルでの配分(組み合わせ)を意味する。

分散投資の具体例・事例・実例

分散投資の具体例としては、たとえば、株式投資などでは、一つの銘柄に集中的に投資せず、複数の銘柄に分散して投資することなどがある。

分散投資の方法・手段・仕方・手法

ドルコスト平均法



| 現在のカテゴリ:資産運用―基本概念 |

現在のカテゴリ:資産運用―基本概念

カテゴリ内のコンテンツの一覧[全 29 ページ(カテゴリページは除く)]

現在のカテゴリ:「資産運用―基本概念」内のコンテンツは以下のとおりです。

  1. 資産運用
  2. 資産運用―分類―投資
  3. 資産運用―分類―投資―長期投資
  4. 資産運用―主体―機関投資家
  5. 資産運用―対象―商品―金融商品
  6. 資産運用―対象―商品―金融商品―金融派生商品(デリバティブ)
  7. 資産運用―対象―国家・市場―エマージング(新興国)
  8. 資産運用―対象―国家・市場―エマージングへの投資方法
  9. 資産運用―方法―分散投資
  10. 資産運用―方法―分散投資―分類―資産配分(アセットアロケーション)
  11. 資産運用―方法―分散投資―分類―資産配分―ポートフォリオ
  12. 資産運用―方法―分散投資―分類―資産配分―リバランス
  13. 資産運用―方法―分散投資―分類―資産配分―リバランス―方法
  14. 資産運用―方法―分散投資―分類―ドルコスト平均法(ドル・コスト平均法)
  15. 資産運用―リスクとリターン―リスク
  16. 資産運用―リスクとリターン―リスク―分類―市場リスク
  17. 資産運用―リスクとリターン―リスク―分類―市場リスク―価格リスク(価格変動リスク)
  18. 資産運用―リスクとリターン―リスク―分類―市場リスク―価格リスク(価格変動リスク)―指標―ボラティリティ
  19. 資産運用―リスクとリターン―リスク―分類―市場リスク―金利リスク(金利変動リスク)
  20. 資産運用―リスクとリターン―リスク―分類―市場リスク―金利リスク(金利変動リスク)―指標―デュレーション
  21. 資産運用―リスクとリターン―リスク―分類―市場リスク―為替リスク(為替変動リスク)
  22. 資産運用―リスクとリターン―リスク―分類―市場リスク―為替リスク―為替ヘッジ
  23. 資産運用―リスクとリターン―リスク―分類―信用リスク
  24. 資産運用―リスクとリターン―リスク―分類―流動性リスク(換金性リスク)
  25. 資産運用―リスクとリターン―リスク―性質―リスク分散(リスク分散効果)
  26. 資産運用―リスクとリターン―リターン
  27. 資産運用―リスクとリターン―リターン―リスクプレミアム
  28. 資産運用―情報公開―目論見書
  29. 資産運用―情報公開―運用報告書



関連コンテンツ


現在のカテゴリ:資産運用―基本概念 の位置づけ

現在のカテゴリ:「資産運用―基本概念」のサイトにおける位置づけは以下のとおりです。

プライバシーポリシー