金銭債務 - [経済]簿記勘定科目一覧表(用語集)

[経済]簿記勘定科目一覧表(用語集)

勘定科目を体系的に分類し、仕訳の仕方等を解説した会計の実務的マニュアルです。



金銭債務

金銭債務とは

金銭債務の定義・意味・意義

金銭債務とは、銭の支払を目的とする債務をいう。

金銭債務の範囲・具体例

金銭債務は、支払手形買掛金借入金社債(私募債を含む。)等を含む。

金銭債務の勘定財務諸表における区分表示

金銭債務の分類・種類 区分表示
営業上の債務 買掛金支払手形その他営業取引によって生じた金銭債務
流動負債
営業上の債務以外の債務 事業年度の末日の翌日から起算して1年以内に支払又は返済されると認められるもの
流動負債
関係会社に対する金銭債務
その項目ごとに区分表示
(注記でも可)
その他の債務
固定負債

金銭債務の会計簿記経理

決算

貸借対照表価額
原則

金銭債務には、債務額を付さなければならない。

自社の債務額を明確にしておくことは重要なことである。

なお、金銭債権評価額は、その取得価額をもって処理をするのが原則とされている。

例外

金銭債権の場合と同じく、払込みを受けた額が債務額と異なる社債の場合は、例外的に償却原価法に基づいて算定された価額をもって貸借対照表価額とする。



| 現在のカテゴリ:金銭債務 |

現在のカテゴリ:金銭債務

カテゴリ内のコンテンツの一覧[全 3 ページ(カテゴリページは除く)]

現在のカテゴリ:「金銭債務」内のコンテンツは以下のとおりです。

  1. 金銭債務
  2. 金銭債務―偶発債務
  3. 金銭債務―会計処理


関連コンテンツ

現在のカテゴリ:金銭債務 の位置づけ

現在のカテゴリ:「金銭債務」のサイトにおける位置づけは以下のとおりです。

プリバシーポリシー