金銭債権 - [経済]簿記勘定科目一覧表(用語集)

[経済]簿記勘定科目一覧表(用語集)

勘定科目を体系的に分類し、仕訳の仕方等を解説した会計の実務的マニュアルです。

金銭債権



金銭債権とは

金銭債権の定義・意味など

金銭債権(きんせんさいけん)とは、銭の給付を目的とする債権をいう。

金銭債権の範囲・具体例

金銭債権には、たとえば、次のようなものがある。

金銭債権の決算等における位置づけ等

金銭債権の財務諸表における区分表示表示科目

金銭債権の貸借対照表上の表示は次のとおりである。

区分
金銭債権の内容
区分表示
営業上の債権 売掛金受取手形、その他の営業取引によって生じた金銭債権 流動資産
破産債権等で事業年度の末日の翌日から起算して1年以内に弁済を受けることができないことが明らかなもの 投資その他の資産
営業上の債権以外の債権 事業年度の末日の翌日から起算して1年以内に現金化できるものと認められるもの 流動資産
上記以外のもの 投資その他の資産
関係会社に対する金銭債権 原則として、その項目ごとに他の金銭債権と区分して表示する。
一括して表示する場合には注記が必要となる。

関係会社とは、親会社子会社関連会社をいう。

金銭債権の会計簿記経理上の取り扱い

金銭債権の評価基準

次のページを参照。

金銭債権の評価基準



| 現在のカテゴリ:金銭債権 |

現在のカテゴリ:金銭債権

カテゴリ内のコンテンツの一覧[全 4 ページ(カテゴリページは除く)]

現在のカテゴリ:「金銭債権」内のコンテンツは以下のとおりです。

  1. 金銭債権
  2. 金銭債権―具体例―売上債権(売掛債権)
  3. 金銭債権―具体例―売上債権―ファクタリング
  4. 金銭債権―会計処理―金銭債権の評価基準



関連コンテンツ


現在のカテゴリ:金銭債権 の位置づけ

現在のカテゴリ:「金銭債権」のサイトにおける位置づけは以下のとおりです。

プライバシーポリシー