減価償却―分類③―総合償却―除却の計算方法―未償却残額除却法 - [経済]簿記勘定科目一覧表(用語集)

[経済]簿記勘定科目一覧表(用語集)

勘定科目を体系的に分類し、仕訳の仕方等を解説した会計の実務的マニュアルです。

減価償却―分類③―総合償却―除却の計算方法―未償却残額除却法



(" 減価償却―分類③―総合償却―除却の計算方法―未償却残額除却法 "から複製)

未償却残額除却法とは

未償却残額除却法の定義・意味・意義

未償却残額除却法とは、総合償却資産の一部に除却等があった場合におけるその除却等の価額の計算方法の一つとして、①その総合償却資産の総合耐用年数、または、②総合償却資産を構成する個々の資産の個別耐用年数を基礎として計算される、除却等の時における未償却残額に相当する額を除却価額とする方法をいいます。

除却等による損益除却損失等)を計算する際の原則法です。

未償却残高法などと呼ばれることもあります。

未償却残額除却法の位置づけ・体系

法上、総合償却資産は、これを構成する個々の資産を一体のものとして耐用年数を適用して償却することとなっています。

このため、総合償却資産の場合、個々の機械の帳簿価額が記録されないので、グループのうちの一部について除却、廃棄、滅失、譲渡があった場合、その除却等の価額が問題となります。

この除却等の価額の決定方法・計算方法には次のようなものがあります。

  1. 5%除却法
  2. 未償却残額除却法
  3. 配賦簿価除却法

平成19年度制改正により、償却可能限度額(取得価格の95%)が廃止され、総合償却資産についても備忘価額1円まで償却することができるとされたことに伴い、5%除却法は廃止され、未償却残額除却法が原則となりました。

未償却残額除却法の分類・種類

未償却残額除却法には、次の2つの種類があります。

  • 総合耐用年数を基礎として計算する未償却残額除却法
  • 個別耐用年数を基礎として計算する未償却残額除却法

このうち、総合耐用年数による未償却残額除却方式が原則とされています。



| 現在のカテゴリ:固定資産―減価償却 |

現在のカテゴリ:固定資産―減価償却

カテゴリ内のコンテンツの一覧[全 23 ページ(カテゴリページは除く)]

現在のカテゴリ:「固定資産―減価償却」内のコンテンツは以下のとおりです。

  1. 減価償却
  2. 減価償却―分類①―普通償却
  3. 減価償却―分類①―特別償却
  4. 減価償却―分類②―強制償却
  5. 減価償却―分類②―任意償却
  6. 減価償却―分類③―個別償却
  7. 減価償却―分類③―総合償却
  8. 減価償却―分類③―総合償却―除却の計算方法―5%除却法
  9. 減価償却―分類③―総合償却―除却の計算方法―未償却残額除却法
  10. 減価償却―分類③―総合償却―除却の計算方法―配賦簿価除却法
  11. 減価償却―対象
  12. 減価償却―対象―減価償却資産
  13. 減価償却―対象―減価償却資産―範囲・具体例
  14. 減価償却―対象―減価償却資産―範囲・具体例―資本的支出と収益的支出(修繕費)―資本的支出
  15. 減価償却―対象―減価償却資産―範囲・具体例―資本的支出と収益的支出(修繕費)―収益的支出
  16. 減価償却―対象―減価償却資産―範囲・具体例―資本的支出と収益的支出(修繕費)―区別基準
  17. 減価償却―対象―減価償却資産―範囲・具体例―資本的支出と収益的支出(修繕費)―会計・税務
  18. 減価償却―対象―減価償却資産―分類・種類①―少額減価償却資産
  19. 減価償却―対象―減価償却資産―分類・種類①―一括償却資産
  20. 減価償却―対象―減価償却資産―分類・種類②―個別償却資産
  21. 減価償却―対象―減価償却資産―分類・種類②―総合償却資産
  22. 減価償却―対象―非減価償却資産
  23. 減価償却―減価償却費―費用の認識基準(期間帰属・費用の計上時期)



関連コンテンツ


現在のカテゴリ:固定資産―減価償却 の位置づけ

現在のカテゴリ:「固定資産―減価償却」のサイトにおける位置づけは以下のとおりです。

プライバシーポリシー