減価償却―分類①―特別償却 - [経済]簿記勘定科目一覧表(用語集)

[経済]簿記勘定科目一覧表(用語集)

勘定科目を体系的に分類し、仕訳の仕方等を解説した会計の実務的マニュアルです。

減価償却―分類①―特別償却



(" 減価償却費の計算―③減価償却の方法(償却方法)―特別償却 "から複製)

特別償却とは

特別償却の定義・意味など

特別償却(とくべつしょうきゃく)とは、 時限立法である租税特別措置法にもとづき、 その時々の経済状況を踏まえた政策的見地から認められた特別な減価償却をいう。

特別償却と関係する概念

反対概念・対概念
普通償却

特別償却の概念は、所得法や法人税法にもとづく減価償却である普通償却に対して使われる。

特別償却の目的・役割・意義・機能・作用など

利子融資

特別償却は、一定の有形固定資産を導入した場合に減価償却資産の早期償却を認めるもので、通常の普通償却費より多く減価償却費を計上できる。

つまり、所得法や法人税法で規定されている通常の普通償却費のほかに、特別償却費が必要経費損金に算入されるので、利益が減少し、節効果がある。

とはいっても、計上できるトータルの費用は変わらないので、正確には必要経費損金に算入する時期を早め、税金の支払いを繰り延べる効果がある、ということになる。

つまり、特別償却の制度は実質的に国からの無利子融資の機能を果たしている、といえる。

特別償却の範囲・具体例

特別償却には、さまざまなものがあり、それぞれに適用される期間・対象資産・要件が詳細に定められている。

特別償却の範囲
中小企業者等の少額減価償却資産の取得価額の損金算入の特例

中小企業者等の少額減価償却資産の取得価額の損金算入の特例」は租税特別措置法で定められているが、これは特別償却ではなく、「少額減価償却資産の取得価額の損金算入」「少額減価償却資産の取得価額の必要経費算入」(少額減価償却資産の即時償却(一時償却))の特例として位置づけられる。

特別償却の具体例
  • エネルギー需給構造改革推進設備等の特別償却
  • 中小企業者等の機械等の特別償却
  • 事業基盤強化設備の特別償却
  • 情報基盤強化設備等の特別償却など

特別償却の分類・種類

特別償却は、 その計算方法の違いから、次の2つに大別できる。

年度一時償却(初年度特別償却)

年度一時償却とは、 固定資産を取得した事業年度に限り、取得価額に特別償却率を乗じて計算した額を特別償却費とするものをいい、取得年度取得価額の全部または一部を一時償却即時償却)することを認めたものである。

特別償却費 = 固定資産取得価額 × 特別償却率

割増償却

割増償却とは、固定資産を取得した事業年度から一定期間にわたって、割増率を乗じて計算した額を特別償却費とするものをいい、一定期間にわたって普通償却額の一定割合を増加して償却することを認めたものである。

割増償却費 = 固定資産普通償却費 × 割増率



| 現在のカテゴリ:固定資産―減価償却 |

現在のカテゴリ:固定資産―減価償却

カテゴリ内のコンテンツの一覧[全 23 ページ(カテゴリページは除く)]

現在のカテゴリ:「固定資産―減価償却」内のコンテンツは以下のとおりです。

  1. 減価償却
  2. 減価償却―分類①―普通償却
  3. 減価償却―分類①―特別償却
  4. 減価償却―分類②―強制償却
  5. 減価償却―分類②―任意償却
  6. 減価償却―分類③―個別償却
  7. 減価償却―分類③―総合償却
  8. 減価償却―分類③―総合償却―除却の計算方法―5%除却法
  9. 減価償却―分類③―総合償却―除却の計算方法―未償却残額除却法
  10. 減価償却―分類③―総合償却―除却の計算方法―配賦簿価除却法
  11. 減価償却―対象
  12. 減価償却―対象―減価償却資産
  13. 減価償却―対象―減価償却資産―範囲・具体例
  14. 減価償却―対象―減価償却資産―範囲・具体例―資本的支出と収益的支出(修繕費)―資本的支出
  15. 減価償却―対象―減価償却資産―範囲・具体例―資本的支出と収益的支出(修繕費)―収益的支出
  16. 減価償却―対象―減価償却資産―範囲・具体例―資本的支出と収益的支出(修繕費)―区別基準
  17. 減価償却―対象―減価償却資産―範囲・具体例―資本的支出と収益的支出(修繕費)―会計・税務
  18. 減価償却―対象―減価償却資産―分類・種類①―少額減価償却資産
  19. 減価償却―対象―減価償却資産―分類・種類①―一括償却資産
  20. 減価償却―対象―減価償却資産―分類・種類②―個別償却資産
  21. 減価償却―対象―減価償却資産―分類・種類②―総合償却資産
  22. 減価償却―対象―非減価償却資産
  23. 減価償却―減価償却費―費用の認識基準(期間帰属・費用の計上時期)



関連コンテンツ


現在のカテゴリ:固定資産―減価償却 の位置づけ

現在のカテゴリ:「固定資産―減価償却」のサイトにおける位置づけは以下のとおりです。

プライバシーポリシー