小口現金制度 - [経済]簿記勘定科目一覧表(用語集)

[経済]簿記勘定科目一覧表(用語集)

勘定科目を体系的に分類し、仕訳の仕方等を解説した会計の実務的マニュアルです。


小口現金制度


小口現金制度とは

小口現金制度の定義・意味など

小口現金制度(こぐちげんきんせいど)とは、日常の取引で必要になる少額の現金による支払いのための資を、会計係(経理担当者)が用度係(支払いを担当する係。小払係・小口現金係などともいう)に前渡しをしておき、この用度係から現金による支払いを行う方法をいう。

前渡しをした少額の現金小口現金という。小口現金は、一般的には、会計係が管理するのではなく、各部署に用度係などという係を設けて管理させる。

小口現金制度の目的・役割・意義・機能・作用など

会社等では、盗難・紛失・横領等のおそれがあるので、多額の現金は保管しないで、支払いは振込小切手などで行う。

しかし、日常の取引では必ず現金で支払いを行わなければならないものがあり、ある程度の資は手元に置いておく必要がある。

そこで、こうした少額の資については用度係に前渡しをしておき、この用度係から現金による支払いが行われる。

『日商簿記3級 商業簿記 スピード攻略テキスト』 DAI-X出版、2004年、89項。

これにより、各部署が小口の支払いをするたびに会計係が現金を出しなければならないという手間を省くことができる。

小口現金制度と関係する概念

経費立替金

事務処理の簡素化の見地から、小口現金制度を導入せずに、役員・従業員に支払いを立て替えてもらい、これを経費立替金勘定などで処理をするという方法もある。

立替金は後日経理に直接請求することになる。

小口現金制度の方法

管理方法

小口現金制度の管理方法には次の2つがある。

  1. 定額資金前渡法インプレスト・システム)…用度係に支払いに必要な額をあらかじめ見積もって前渡しをしておき、そのなかから支払う方法
  2. 定額資金前渡法(随時補給法)…用度係の手元資が少なくなった場合に、その都度支給する方法

定額資金前渡法のほうが、資管理のうえですぐれているとされている。

補給方法

定額資金前渡法における資の補給方法には次の2つがある。

  1. 翌日補給
  2. 当日補給即日補給

小口現金制度の会計簿記経理上の取り扱い

会計処理方法

定額資金前渡法による場合の会計処理の詳細については、次のページを参照。

定額資金前渡法

使用する勘定科目・記帳の仕方等
小口現金

小口現金小口現金勘定で処理をする。

管理

帳簿管理
小口現金出納帳

小口現金による支払いは、小口現金出納帳という補助簿補助記入帳)にその支払明細を記帳して管理をする。

小口現金出納帳のテンプレート

小口現金を管理するための小口現金出納帳の書式・様式は、次のサイトのページなどにある。

ビジネス文書テンプレートの無料ダウンロード: 簿記・経理・会計用各種書式



| 現在のカテゴリ:現金 |

現在のカテゴリ:現金

カテゴリ内のコンテンツの一覧[全 11 ページ(カテゴリページは除く)]

現在のカテゴリ:「現金」内のコンテンツは以下のとおりです。

  1. 現金
  2. 現金―通貨
  3. 現金―通貨代用証券
  4. 現金―通貨代用証券―利札(クーポン。期限到来公社債利札)
  5. 現金―通貨代用証券―配当金領収証
  6. 現金―現金過不足
  7. 小口現金制度
  8. 小口現金制度―小口現金
  9. 小口現金制度―方法―定額資金前渡法(インプレスト・システム)
  10. 小口現金制度―方法―定額資金前渡法―翌日補給
  11. 小口現金制度―方法―定額資金前渡法―当日補給(即日補給)



関連コンテンツ


現在のカテゴリ:現金 の位置づけ

現在のカテゴリ:「現金」のサイトにおける位置づけは以下のとおりです。

プライバシーポリシー