現金―通貨代用証券―利札(クーポン。期限到来公社債利札) - [経済]簿記勘定科目一覧表(用語集)

[経済]簿記勘定科目一覧表(用語集)

勘定科目を体系的に分類し、仕訳の仕方等を解説した会計の実務的マニュアルです。

現金―通貨代用証券―利札(クーポン。期限到来公社債利札)



利札とは

利札の定義・意味など

利札(りさつ・りふだ)とは、公社債公債国債地方債)・社債)についているクーポン形式の利子の支払保証券をいう。

参考:三省堂 『スーパー大辞林』

利札の別名・別称・通称など

クーポン

利札はクーポンとも呼ばれる。

参考:岩波書店 『広辞苑 第六版』

利札の位置づけ・体系(上位概念等)

通貨代用証券
期限到来公社債利札

期限が到来した公社債の利札(期限到来公社債利札)は通貨代用証券のひとつである。

なお、通貨代用証券には期限到来公社債利札も含めて以下のものがある。

利札の目的・役割・意義・機能・作用など

公社債の利札は利払日ごとに1枚ずつ切り取って銀行などに呈示することで利払いを受けることができる(つまり、現金に換できる)。

ただし、現在、公社債などの債券は電子化(ペーパーレス化)が進み、利払日にシステム処理で自動的に口座に振り込まれるようになってきている。

利札の会計簿記経理上の取り扱い

会計処理方法

使用する勘定科目・記帳の仕方等
現金有価証券利息

簿記上、期限到来公社債利札などの通貨代用証券現金として取り扱われる。

したがって、公社債の利札の利払日が到来したときは、現金勘定借方に記帳して資産計上するとともに、有価証券利息勘定収益)の貸方に記帳して収益計上する。

つまり、利札の利払日が到来したということは現金を入手したことを意味する。

なお、実際に銀行などに利札を呈示することで利払いを受けたときは、これにより資産が増えるわけではない(「通貨代用証券(=現金)→ 現金」という取引)ので、仕訳は不要である。

取引の具体例と仕訳の仕方

取引

所有する国債の利札の利払日が到来した。

仕訳

借方科目
貸方科目
現金 ✕✕✕✕ 有価証券利息 ✕✕✕✕

利札の務・法・制上の取り扱い

消費税の課・非課・免・不課(対象外)の区分

不課税取引課税対象外)

期限到来公社債利札などの通貨代用証券消費税の課税対象外である。



| 現在のカテゴリ:現金 |

現在のカテゴリ:現金

カテゴリ内のコンテンツの一覧[全 11 ページ(カテゴリページは除く)]

現在のカテゴリ:「現金」内のコンテンツは以下のとおりです。

  1. 現金
  2. 現金―通貨
  3. 現金―通貨代用証券
  4. 現金―通貨代用証券―利札(クーポン。期限到来公社債利札)
  5. 現金―通貨代用証券―配当金領収証
  6. 現金―現金過不足
  7. 小口現金制度
  8. 小口現金制度―小口現金
  9. 小口現金制度―方法―定額資金前渡法(インプレスト・システム)
  10. 小口現金制度―方法―定額資金前渡法―翌日補給
  11. 小口現金制度―方法―定額資金前渡法―当日補給(即日補給)



関連コンテンツ


現在のカテゴリ:現金 の位置づけ

現在のカテゴリ:「現金」のサイトにおける位置づけは以下のとおりです。

プライバシーポリシー