現金―現金過不足 - [経済]簿記勘定科目一覧表(用語集)

[経済]簿記勘定科目一覧表(用語集)

勘定科目を体系的に分類し、仕訳の仕方等を解説した会計の実務的マニュアルです。

現金―現金過不足



(" 現金過不足 "から複製)

現金過不足とは

現金過不足の定義・意味など

現金過不足(げんきんかふそく)とは、現金出納帳帳簿残高と実際の手許現金有高の不一致がある場合において、その不一致の原因がわからないときにその原因がわかるまでの間、これを一時的に処理するための仮の勘定科目をいう。

現金過不足の目的・役割・意義・機能・作用など

現金を管理するために現金出納帳という補助簿を作成し、入出を記録して帳簿上の現金残高を明らかにしておく。

そして、定期的に、この帳簿残高と実際の手許現金有高とを照合する。

現金過不足勘定は、両者が一致せず、その原因もわからない場合に使用する。

現金過不足の位置づけ・体系(上位概念等)

未決算勘定

現金過不足未決算勘定のひとつである。

未決算勘定には次のようなものがある。

現金過不足会計簿記経理上の取り扱い

会計処理方法

使用する勘定科目・記帳の仕方等

現金残高に不一致がある(現金出納帳帳簿残高と実際の手許現金有高の不一致がある)ときには、その原因(たとえば、記帳漏れ、記入ミス、使用する勘定科目を間違えたなど)を調査し、帳簿残高を実際有高にあわせる。

しかし、その原因がわからない場合は、一時的に現金過不足勘定で処理する。

そして、決算までに原因が判明した場合には、現金過不足勘定から正しい勘定科目へと振り替えるが、判明しない場合には、決算時に雑損失雑損)または雑収入雑益勘定振り替えて処理する(決算整理事項のひとつである現金過不足の整理)。

期中

現金不足(帳簿残高>実際有高)の場合

現金不足の場合は、帳簿残高を実際有高にあわせる必要がある。

したがって、現金不足(帳簿残高>実際有高)の場合は、その不足分を現金勘定貸方に記帳して減少させるとともに、現金過不足勘定借方に記帳する。

現金過剰(帳簿残高<実際有高)の場合

現金過剰の場合は、帳簿残高を実際有高にあわせる必要がある。

したがって、現金過剰(帳簿残高<実際有高)の場合は、その過剰分を現金勘定借方に記帳して増加させるとともに、現金過不足勘定貸方に記帳する。

現金過不足の原因が判明した場合

決算までに現金過不足の原因が判明した場合は、現金過不足勘定から正しい勘定科目へと振り替える。

期末決算時)

現金過不足の整理

決算日になっても現金過不足の原因が判明しない場合には、決算整理事項のひとつとして、現金過不足勘定雑損失雑損)または雑収入雑益勘定振り替える(→現金過不足の整理)。

取引の具体例と仕訳の仕方

期中
現金不足(帳簿残高>実際有高)の場合

取引

実際の現金残高帳簿残高より1,000円不足していた。

仕訳

借方科目
貸方科目
現金過不足 1,000 現金 1,000

現金過剰(帳簿残高<実際有高)の場合

取引

実際の現金残高帳簿残高より1,000円過剰であった。

仕訳

借方科目
貸方科目
現金 1,000 現金過不足 1,000

現金過不足の原因が判明した場合

取引

現金が過剰となっていた原因が判明した。原因は売上の記入漏れであった。

仕訳

借方科目
貸方科目
現金過不足 1,000 売上 1,000

現金過不足務・法・制上の取り扱い

消費税の課・非課・免・不課(対象外)の区分

不課税取引課税対象外)

現金過不足には対価性がないので、消費税の課税対象外である。



| 現在のカテゴリ:現金 |

現在のカテゴリ:現金

カテゴリ内のコンテンツの一覧[全 11 ページ(カテゴリページは除く)]

現在のカテゴリ:「現金」内のコンテンツは以下のとおりです。

  1. 現金
  2. 現金―通貨
  3. 現金―通貨代用証券
  4. 現金―通貨代用証券―利札(クーポン。期限到来公社債利札)
  5. 現金―通貨代用証券―配当金領収証
  6. 現金―現金過不足
  7. 小口現金制度
  8. 小口現金制度―小口現金
  9. 小口現金制度―方法―定額資金前渡法(インプレスト・システム)
  10. 小口現金制度―方法―定額資金前渡法―翌日補給
  11. 小口現金制度―方法―定額資金前渡法―当日補給(即日補給)



関連コンテンツ


現在のカテゴリ:現金 の位置づけ

現在のカテゴリ:「現金」のサイトにおける位置づけは以下のとおりです。

プライバシーポリシー