経費立替金 - [経済]簿記勘定科目一覧表(用語集)

[経済]簿記勘定科目一覧表(用語集)

勘定科目を体系的に分類し、仕訳の仕方等を解説した会計の実務的マニュアルです。

経費立替金



経費立替金とは

経費立替金の定義・意味など

経費立替金(けいひたてかえきん)とは、会社が支払うべき銭を役員・従業員が一時的に立て替えて支払った銭を処理する負債勘定をいう。

あまり一般的な勘定科目ではないようであるが、税理士会計事務所で使用している場合がある。

経費立替金の目的・役割・意義・機能・作用など

小口現金制度の代替方法

本来であれば、会社等の経費現金で支払った場合は、小口現金制度のもと、小口現金勘定で処理をするのが原則である。

しかし、たとえば、一人会社などにあっては、社長が経費を立て替えることがよくある。

この場合、事務処理の簡素化という見地から、小口現金制度を導入せずに、経費立替金勘定を新たに設定し、これで処理をするという方法がある。

役員借入金で処理をする方法もあるが、帳簿上、何度も役員借入金が登場するのは好ましいものではない(体裁がよくない)。

また、その実態・実質も、「借入金」というよりは「立替金」というべき性格のものである。

しかし、立替金勘定は、役員・従業員が支払うべき銭を会社等が一時的に立て替えて支払った銭を管理するための勘定科目なので、こうした用途には使用できない。

そこで、本勘定を用いて処理をする。

経費立替金の性格・性質

小口現金

上述した理由から、経費立替金は小口現金の代替的な勘定科目といえる。

経費立替金の会計簿記経理上の取り扱い

会計処理方法

日々、社長が会社経費を支払った(立て替えた)場合は、(現金勘定と同じように)経費立替金勘定で処理をし、そして、たとえば、月末などにまとめて精算・返済する、あるいは(まだ精算しないのであれば)役員借入金振り替える等の処理をする。

取引の具体例と仕訳の仕方

社長が会社経費を立て替えた場合

取引

社長が、会社事務用品を購入し、立て替えて代を支払った。

仕訳

借方科目貸方科目
消耗品 ×××× 経費立替金 ××××

月末に役員借入金振り替えた場合

仕訳

借方科目
貸方科目
経費立替金 ×××× 役員借入金 ××××




| 現在のカテゴリ:資産―現金・預金 |

現在のカテゴリ:資産―現金・預金

カテゴリ内のコンテンツの一覧[全 13 ページ(カテゴリページは除く)]

現在のカテゴリ:「資産―現金・預金」内のコンテンツは以下のとおりです。

  1. 現金
  2. 小口現金
  3. 現金過不足
  4. 経費立替金
  5. 当座預金
  6. 当座
  7. 普通預金
  8. 定期預金
  9. 定期積金
  10. 通知預金
  11. 別段預金
  12. 納税準備預金
  13. 外貨預金



関連コンテンツ


現在のカテゴリ:資産―現金・預金 の位置づけ

現在のカテゴリ:「資産―現金・預金」のサイトにおける位置づけは以下のとおりです。

プライバシーポリシー