社債―発行―発行形態―打歩発行 - [経済]簿記勘定科目一覧表(用語集)

[経済]簿記勘定科目一覧表(用語集)

勘定科目を体系的に分類し、仕訳の仕方等を解説した会計の実務的マニュアルです。

社債―発行―発行形態―打歩発行



打歩発行とは

打歩発行の定義・意味・意義

社債とは、株式会社が一般大衆から長期的かつ大量に資金調達するために発行する社債券から生じる債務をいう。

社債とは

社債の発行には、3種類の方法・形態があるが、そのうち、打歩発行とは、社債を額面額よりも高い額で発行することをいう。

例えば、額面額100円の社債を110円で発行することである。

打歩発行の趣旨・目的・機能

打歩発行は市場金利調整のために行われる。

日本では、通常、社債利率市場利子率よりも低いため、割引発行が一般的である。

打歩発行の位置づけ

社債の発行の方法・形態には、打歩発行も含め、次の3つの種類がある。

  1. 平価発行
  2. 割引発行
  3. 打歩発行

打歩発行の会計経理処理

打歩発行の会計経理処理方法

額面額と発行価額の差額は、割引発行の場合と同様、社債発行差金科目で処理をする。

割引発行の会計・経理処理方法

なお、発生した社債発行差金については、割引発行の場合は、繰延資産として均等償却するが、打歩発行の場合も、繰延資産としてではないが、割引発行の場合と同様、償還期間で按分して各年度毎に益金の額に算入する。

打歩発行の取引仕訳の具体例・事例(帳簿記入・記帳法)

取引例】
額面総額:100万円
額面:100円
発行価額:110円
社債発行費:15万円
なお、社債の払込当座預金社債発行にかかる諸費用現金とする。

借方科目 貸方科目
当座預金
1,100,000
社債
1,000,000
社債発行差金
100,000
社債発行費
150,000
現金
150,000

社債の払込額:1,000,000×110/100=1,100,000円



| 現在のカテゴリ:資金調達の方法―負債―社債 |

カテゴリ内のコンテンツの一覧[全 17 ページ(カテゴリページは除く)]

現在のカテゴリ:「資金調達の方法―負債―社債」内のコンテンツは以下のとおりです。

  1. 社債
  2. 社債―発行
  3. 社債―発行―発行形態
  4. 社債―発行―発行形態―平価発行
  5. 社債―発行―発行形態―割引発行
  6. 社債―発行―発行形態―打歩発行
  7. 社債―利払い
  8. 社債―決算整理事項―①社債の評価替え
  9. 社債―決算整理事項―①社債の評価替え―償却原価法
  10. 社債―決算整理事項―①社債の評価替え―償却原価法―利息法
  11. 社債―決算整理事項―①社債の評価替え―償却原価法―定額法
  12. 社債―決算整理事項―②社債発行費の償却
  13. 社債―決算整理事項―③社債利息の見越計上
  14. 社債―決算整理事項―④社債利息の未払分の計上
  15. 社債―償還
  16. 社債―償還―方法―満期償還
  17. 社債―償還―方法―買入償還



関連コンテンツ


現在のカテゴリ:資金調達の方法―負債―社債 の位置づけ

現在のカテゴリ:「資金調達の方法―負債―社債」のサイトにおける位置づけは以下のとおりです。

プリバシーポリシー