社債発行差金 - [経済]簿記勘定科目一覧表(用語集)

[経済]簿記勘定科目一覧表(用語集)

勘定科目を体系的に分類し、仕訳の仕方等を解説した会計の実務的マニュアルです。

社債発行差金



社債発行差金とは

社債発行差金の定義・意味など

社債発行差金(しゃさいはっこうさきん)とは、社債割引発行した場合における社債の額面額(社債額。償還額。返済しなければならない額)と発行価額(払込額)との差額を処理する費用または資産勘定をいう。

社債発行差金の目的・役割・意義・機能・作用など

日本では、通常、社債利率市場利子率よりも低いため、割引発行が一般的である。

そのため社債の額面額と発行価額との差額の会計処理を行う必要があるが、社債発行差金は当該差額を費用計上、または繰延資産として資産計上するための勘定科目である。

社債発行差金の歴史・沿革・由来・起源・経緯など

金融商品に係る会計基準」(企業会計基準第10号)

旧商法では社債は額面額で貸借対照表に計上しなければならないとされていたが、会社法では時価または適正な価格で計上することができるとされた。

会社計算規則
負債評価
第六条  …
 次に掲げる負債については、事業年度の末日においてその時の時価又は適正な価格を付すことができる。

 払込みを受けた額が債務額と異なる社債

これを受けて「金融商品に係る会計基準」(企業会計基準第10号)では償却原価法にもとづいて算定された価額をもって貸借対照表価額とすることとされた。

企業会計基準第10号 金融商品に係る会計基準
5.金銭債務
26. 支払手形買掛金借入金社債その他の債務は、債務額をもって貸借対照表価額とする。 ただし、社債社債額よりも低い価額又は高い価額で発行した場合など、収入に基づく額と債務額とが異なる場合には、償却原価法に基づいて算定された価額をもって、貸借対照表価額としなければならない。

具体的には、従来、繰延資産等として取り扱われてきた社債発行差金に相当する額を社債額から直接控除することになった。

したがって、現在、社債発行差金勘定は用いられていない。

なお、実務対応報告書第19号「繰延資産の会計処理に関する当面の取扱い」でも社債発行差金は繰延資産の範囲から削除されている。

会計上の繰延資産(会社法上の繰延資産)

社債発行差金の科目属性

社債発行差金は費用として処理することができるが、社債発行の効果は数期間に及ぶため、繰延資産とすることもできる。

なお、社債発行差金には前払利息としての性格がある。

社債発行差金の決算等における位置づけ等

社債発行差金の財務諸表における区分表示表示科目

貸借対照表資産繰延資産 > 社債発行差金

社債発行差金の会計簿記経理上の取り扱い

会計処理方法

社債発行差金に相当する額の会計処理等については、次のページなどを参照。

社債の発行



| 現在のカテゴリ:資産―繰延資産 |

現在のカテゴリ:資産―繰延資産

カテゴリ内のコンテンツの一覧[全 12 ページ(カテゴリページは除く)]

現在のカテゴリ:「資産―繰延資産」内のコンテンツは以下のとおりです。

  1. 創立費
  2. 開業費
  3. 開業費―範囲・具体例
  4. 開業費―会計処理
  5. 試験研究費
  6. 開発費
  7. 新株発行費
  8. 株式交付費
  9. 社債発行費(社債発行費等)
  10. 社債発行差金
  11. 新株予約権発行費
  12. 長期前払費用(税法上の繰延資産)



関連コンテンツ


現在のカテゴリ:資産―繰延資産 の位置づけ

現在のカテゴリ:「資産―繰延資産」のサイトにおける位置づけは以下のとおりです。

プライバシーポリシー