退職給与引当金 - [経済]簿記勘定科目一覧表(用語集)

[経済]簿記勘定科目一覧表(用語集)

勘定科目を体系的に分類し、仕訳の仕方等を解説した会計の実務的マニュアルです。


退職給与引当金


退職給与引当金とは

退職給与引当金勘定の定義・意味

退職給付制度には、一般的に退職金と呼ばれる退職一時金と、企業年金とがある。

このうち、退職一時金にあてるため、法基準を取り入れるかたちで、一定限度の繰入額(繰入限度額)まで必要経費に算入できる引当金を管理するための勘定科目退職給与引当金という。

必要経費―引当金―退職給与引当金―退職給与引当金とは - 税金―所得税法

企業年金には、制適格退職年金厚生年金基金確定給付企業年金確定拠出年金がある。企業年金については、を支出したときに費用として処理をする。

退職給与引当金の経緯・沿革・歴史など

会計基準会計ビッグバン)―「退職給付に係る会計基準」の導入→退職給付引当金

上述のように、退職給与引当金では退職一時金だけを貸借対照表上に計上することになる。

しかし、こうした処理方法では現時点での会社負担の総額が不明である。

また、すべての退職給付債務企業の債務として処理をする国際的な会計基準と照らしても適切とはいえず、国際比較も困難となる。

そこで、新会計基準会計ビッグバン)の一環として、退職給付については「退職給付に係る会計基準」という新しい国際会計基準が導入されることとなった。

会計基準では、退職一時金企業年金のどちらについても、企業が将来負担する可能性のある退職給付額のうち、期末までに発生している部分を「退職給付債務」、当期に発生した部分を「退職給付費用」として示す。

これにより、退職給与引当金は、その内容が大きく変わり、名称も退職給付引当金へと生まれ変わった。

退職給付引当金とは



| 現在のカテゴリ:負債―固定負債 |

現在のカテゴリ:負債―固定負債

カテゴリ内のコンテンツの一覧[全 21 ページ(カテゴリページは除く)]

現在のカテゴリ:「負債―固定負債」内のコンテンツは以下のとおりです。

  1. 借入金
  2. 社債
  3. 長期借入金
  4. 親会社長期借入金
  5. 株主長期借入金
  6. 長期設備支払手形
  7. 役員長期借入金
  8. 従業員長期借入金
  9. 長期営業外支払手形
  10. 未払金
  11. 長期未払金
  12. 長期預り金
  13. 預り保証金(受入保証金)
  14. 長期預り保証金
  15. 預り敷金
  16. 長期前受収益
  17. 退職給付引当金
  18. 退職給与引当金
  19. 特別修繕引当金
  20. リース債務
  21. 資産除去債務



関連コンテンツ


現在のカテゴリ:負債―固定負債 の位置づけ

現在のカテゴリ:「負債―固定負債」のサイトにおける位置づけは以下のとおりです。

プライバシーポリシー