特別修繕引当金 - [経済]簿記勘定科目一覧表(用語集)

[経済]簿記勘定科目一覧表(用語集)

勘定科目を体系的に分類し、仕訳の仕方等を解説した会計の実務的マニュアルです。


特別修繕引当金


特別修繕引当金とは

特別修繕引当金の定義・意味など

特別修繕引当金(とくべつしゅうぜんひきあてきん)とは、保有する有形固定資産の修繕に備えるための引当金のうち、1年をこえて使用される見込みの負債勘定をいう。

特別修繕引当金の目的・役割・意義・機能・作用など

適正な期間損益計算

有形固定資産について、当期に行うべき修繕を次期以降に行う場合、修繕すべき原因は当期に発生しているため、修繕が行われる次期以降に費用計上すると正しい期間損益計算ができない。

そこで、次期以降に行われる修繕にかかる費用を見積り、当期の費用として計上するために設定される引当金が特別修繕引当金である。

特別修繕引当金の位置づけ・体系(上位概念等)

引当金

特別修繕引当金は引当金負債性引当金)のひとつである。

引当金の代表例としては、貸倒引当金退職給付引当金修繕引当金がある。

企業会計原則では引当金の具体例としてこれらも含めて以下のようなものをあげている。

他の勘定科目との関係

修繕引当金

1年以内に使用される見込みの修繕引当金に対しては、修繕引当金勘定に計上する。

特別修繕引当金の決算等における位置づけ等

特別修繕引当金の財務諸表における区分表示表示科目

貸借対照表負債固定負債 > 特別修繕引当金

区分表示

固定負債

特別修繕引当金は固定負債に属する。

企業会計原則
(二)負 債

B …。引当金のうち、退職給与引当金、特別修繕引当金のように、通常一年をこえて使用される見込みのものは、固定負債に属するものとする。

特別修繕引当金の務・法・制上の取り扱い

必要経費算入(所得法)・損金算入法人税法)の可否

特別修繕引当金は財務会計のみの引当金で、法上は特別修繕引当金の繰入額の必要経費損金算入は認められていない。

したがって、別表四において加算調整が必要になる。

消費税の課・非課・免・不課(対象外)の区分

不課税取引課税対象外)

消費税法上、特別修繕引当金の設定は内部取引なので、不課税取引として消費税の課税対象外である。



| 現在のカテゴリ:負債―固定負債 |

現在のカテゴリ:負債―固定負債

カテゴリ内のコンテンツの一覧[全 21 ページ(カテゴリページは除く)]

現在のカテゴリ:「負債―固定負債」内のコンテンツは以下のとおりです。

  1. 借入金
  2. 社債
  3. 長期借入金
  4. 親会社長期借入金
  5. 株主長期借入金
  6. 長期設備支払手形
  7. 役員長期借入金
  8. 従業員長期借入金
  9. 長期営業外支払手形
  10. 未払金
  11. 長期未払金
  12. 長期預り金
  13. 預り保証金(受入保証金)
  14. 長期預り保証金
  15. 預り敷金
  16. 長期前受収益
  17. 退職給付引当金
  18. 退職給与引当金
  19. 特別修繕引当金
  20. リース債務
  21. 資産除去債務



関連コンテンツ


現在のカテゴリ:負債―固定負債 の位置づけ

現在のカテゴリ:「負債―固定負債」のサイトにおける位置づけは以下のとおりです。

プライバシーポリシー