貸借対照表―純資産 - [経済]簿記勘定科目一覧表(用語集)

[経済]簿記勘定科目一覧表(用語集)

勘定科目を体系的に分類し、仕訳の仕方等を解説した会計の実務的マニュアルです。

貸借対照表―純資産



純資産とは

純資産の定義・意味など

純資産(じゅんしさん)とは、貸借対照表資産の部の合計額から負債の部の合計額を控除した額をいう。

純資産 = 資産(すべての会社財産)- 負債外部資本他人資本借入資本

純資産の歴史・沿革・由来・起源・経緯など

資本

純資産は、会社法の施行(2006年)以前は、単に資本(または内部で調達する資なので、自己資本株主資本内部資本)と呼ばれていた。

純資産の位置づけ・体系(上位概念等)

貸借対照表区分表示

純資産は、貸借対照表区分表示のひとつである。

貸借対照表は、純資産も含めて、次の3つの部から構成される。

  1. 資産の部
  2. 負債の部
  3. 純資産の部(資本の部)

企業会計原則
貸借対照表の区分)
 貸借対照表は、資産の部、負債の部及び資本の部の三区分に分ち、…

企業会計基準第5号
貸借対照表の純資産の部の表示に関する会計基準
純資産の部の表示
4. 貸借対照表は、資産の部、負債の部及び純資産の部に区分し、…

純資産の目的・役割・意義・機能・作用など

の調達方法

会計は、投資家・債権者(銀行などの金融機関取引先)・務署などの利害関係者に、一定期間(通常は1年)における企業等の政状態と経営成績を報告することを目的のひとつとする。

この目的のために、決算により作成される報告書のことを一般的に決算書というが、なかでも次の2つの資料が重要である。

  1. 貸借対照表
  2. 損益計算書

上記のうち、貸借対照表ストックの見地から企業等の政状態を表し、損益計算書フローの見地から企業等の経営成績を表す。

そして、貸借対照表のうち、負債と純資産は資の調達方法をあらわすものとして右側に、資産は資の運用状況(つまり、お金の使い道)をあらわすものとして左側に記載され、左右は一致する。

なお、負債は(その定義は異なるものの)他人資本、純資産は少数株主持分と新株予約権がない場合は(その定義は異なるものの)自己資本とそれぞれその範囲が一致する。

事業元手

会社は純資産を元手(もとで)にして事業を行う。

純資産の分類・種類

株主資本

純資産の部は株主資本株主資本以外の各項目に区分される。

企業会計基準第5号
貸借対照表の純資産の部の表示に関する会計基準
純資産の部の表示
4. …、純資産の部は、株主資本株主資本以外の各項目に区分する。

詳細については次のページを参照。

純資産の部の区分表示(構成内容・内訳)

純資産の特色・特徴

純資産は株主に帰属する純粋な資産部分なので、負債とは異なり、債権者に対する弁済義務はない。

したがって、純資産には次のような特色がある。

  • 返済期限の不存在
  • 金利の不発生
  • 契約の不存在

純資産のこの特色は負債とは対照的である。

純資産と関係する概念

純資産から派生する概念
債務超過

負債額が資産額を上回り、純資産の部がマイナスとなった状況を債務超過という。

債務超過に陥ると、会社の信用は著しく低下する。

純資産の決算等における位置づけ等

純資産の財務諸表における区分表示表示科目

貸借対照表 > 純資産の部

株主資本等変動計算書

純資産の部の項目の計算明細書として、株主資本等変動計算書を作成して表示する。

なお、貸借対照表の純資産の部の各項目の額は、株主資本等変動計算書の各「当期末残高」の額と一致する。

純資産に関する務・法・制上の取り扱い

法人税法上の取り扱い

純資産と法人税申告書(別表)との関係

貸借対照表の純資産の部の各項目は、基本的に、別表五(一)に転記される。




カテゴリ内のコンテンツの一覧[全 22 ページ(カテゴリページは除く)]

現在のカテゴリ:「貸借対照表(純資産)の区分表示と表示科目など(法人・個人)」内のコンテンツは以下のとおりです。

  1. 貸借対照表―純資産
  2. 貸借対照表―純資産―区分表示
  3. 貸借対照表―純資産―資本(会計上の資本)(純資産・自己資本・株主資本)
  4. 貸借対照表―純資産―資本―資本等式
  5. 貸借対照表―純資産―株主資本
  6. 貸借対照表―純資産―株主資本―資本金
  7. 貸借対照表―純資産―株主資本―新株式申込証拠金
  8. 貸借対照表―純資産―株主資本―剰余金
  9. 貸借対照表―純資産―株主資本―剰余金―資本剰余金
  10. 貸借対照表―純資産―株主資本―剰余金―資本剰余金―資本準備金
  11. 貸借対照表―純資産―株主資本―剰余金―資本剰余金―資本準備金―株式払込剰余金
  12. 貸借対照表―純資産―株主資本―剰余金―資本剰余金―その他資本剰余金
  13. 貸借対照表―純資産―株主資本―剰余金―利益剰余金
  14. 貸借対照表―純資産―株主資本―剰余金―利益剰余金―利益準備金
  15. 貸借対照表―純資産―株主資本―剰余金―利益剰余金―その他利益剰余金
  16. 貸借対照表―純資産―株主資本―剰余金―利益剰余金―その他利益剰余金―任意積立金(任意準備金)
  17. 貸借対照表―純資産―株主資本―剰余金―利益剰余金―その他利益剰余金―任意積立金の取り崩し
  18. 貸借対照表―純資産―株主資本―剰余金―利益剰余金―その他利益剰余金―任意積立金―別途積立金
  19. 貸借対照表―純資産―株主資本―剰余金―利益剰余金―その他利益剰余金―繰越利益剰余金
  20. 貸借対照表―純資産―株主資本―自己株式申込証拠金
  21. 貸借対照表―純資産―評価・換算差額等
  22. 貸借対照表―純資産―新株予約権



関連コンテンツ


現在のカテゴリ:「貸借対照表(純資産)の区分表示と表示科目など(法人・個人)」のサイトにおける位置づけは以下のとおりです。

プライバシーポリシー