売上―分類―総売上高 - [経済]簿記勘定科目一覧表(用語集)

[経済]簿記勘定科目一覧表(用語集)

勘定科目を体系的に分類し、仕訳の仕方等を解説した会計の実務的マニュアルです。

売上―分類―総売上高



総売上高とは

総売上高の定義・意味など

総売上高(そううりあげだか)とは、売上高控除項目により減少する前の売上高をいう。

参考:『日商簿記3級 商業簿記 スピード攻略テキスト』 DAI-X出版、2004年、60項。

総売上高の位置づけ・体系(上位概念等)

売上

売上には、次の2つの種類がある。

  1. 総売上高
  2. 純売上高

総売上高の目的・役割・意義・機能・作用など

総額主義

財務諸表損益計算書貸借対照表)の表示方法は次の2つに大別される。

  1. 総額主義
  2. 純額主義

この点、企業会計原則では、費用の項目と収益の項目とはそれぞれ相殺せずにすべて計上しなければならないとして、損益計算書については総額主義を原則としている(→総額主義の原則)。

なお、貸借対照表についても総額主義が原則とされている。

総売上高は総額主義により売上を表示した場合の売上高を意味する。

企業会計原則
第二 損益計算書原則
(損益計算書の本質)
 …
 費用及び収益は、総額によって記載することを原則とし、費用の項目と収益の項目とを直接に相殺することによってその全部又は一部を損益計算書から除去してはならない。

第三 貸借対照表原則
(貸借対照表の本質)
 …
 資産負債及び資本は総額によって記載することを原則とし、資産の項目と負債又は資本の項目とを相殺することによって、その全部又は一部を貸借対照表から除去してはならない。



| 現在のカテゴリ:商品売買―一般商品売買―売上げ |

カテゴリ内のコンテンツの一覧[全 6 ページ(カテゴリページは除く)]

現在のカテゴリ:「商品売買―一般商品売買―売上げ」内のコンテンツは以下のとおりです。

  1. 売上げ
  2. 売上―分類―総売上高
  3. 売上―分類―純売上高
  4. 売上―計上―収益の認識基準
  5. 売上―計上―収益の認識基準―工事契約(受注制作のソフトウェア含む)の場合
  6. 売上―計上―売上の計上金額



関連コンテンツ


現在のカテゴリ:商品売買―一般商品売買―売上げ の位置づけ

現在のカテゴリ:「商品売買―一般商品売買―売上げ」のサイトにおける位置づけは以下のとおりです。

プライバシーポリシー