売上げ - [経済]簿記勘定科目一覧表(用語集)

[経済]簿記勘定科目一覧表(用語集)

勘定科目を体系的に分類し、仕訳の仕方等を解説した会計の実務的マニュアルです。

売上げ



売上げとは 【sales

売上げの定義・意味など

売上げ(うりあげ)とは、商品製品の販売または役務の提供で得た収益をいう。

参考:三省堂 『スーパー大辞林』、小学館 『日本国語大辞典』

売上げの位置づけ・体系(上位概念等)

収益

損益計算書における利益収益から費用を差し引きことで求められるが、売上げは収益を構成する。

利益収益費用売上原価経費

売上高の分類・種類

売上げの総額=売上高は次の2つの種類に分類される。

  1. 総売上高
  2. 純売上高

なお、この分類は損益計算書上の表示方法としての総額主義純額主義の関係で意味を持つ。

売上げの会計簿記経理上の取り扱い

会計処理方法

商品売買取引の記帳方法

商品売買取引の記帳方法には次の3つの方法がある。

  1. 三分法三分割法
  2. 分記法
  3. 総記法

一般に知られているのは三分法分記法であり、なかでも三分法が一般的に用いられている。

使用する勘定科目・記帳の仕方等
三分法

売上勘定

商品を販売等したときは売価売上げ勘定収益)の貸方に記帳して収益計上する。

分記法

商品商品売買益勘定

商品を販売等したときは仕入原価商品勘定資産)の貸方に記帳してこれを減少させるとともに、売価仕入原価との差額(つまり、売上総利益粗利)を商品売買益勘定貸方に記帳して収益計上する。

総記法

商品勘定

商品を販売等したときは売価商品勘定資産)の貸方に記帳してこれを減少させる。

売上げの認識基準計上時期期間帰属

売上げは収益としてその認識基準が問題となる。

詳細については次のページを参照。

売上(売上高)―計上基準―収益の認識基準(計上時期・期間帰属)

売上げの計上

売上げを計上する場合、売上げの計上時期の問題に次いで問題となるのが、売上高の計上金額をいくらにするかという問題である。

詳細については次のページを参照。

売上(売上高)―計上基準―売上の計上金額

取引の具体例と仕訳の仕方

三分法

取引

商品現金で販売した。

仕訳

借方科目
貸方科目
現金 ✕✕✕✕ 売上 ✕✕✕✕

分記法

取引

商品現金で販売した。

仕訳

借方科目
貸方科目
現金 ✕✕✕✕ 商品 ✕✕✕✕
商品売買益 ✕✕✕✕

総記法

取引

商品現金で販売した。

仕訳

借方科目
貸方科目
現金 ✕✕✕✕ 商品 ✕✕✕✕




| 現在のカテゴリ:商品売買―一般商品売買―売上げ |

カテゴリ内のコンテンツの一覧[全 6 ページ(カテゴリページは除く)]

現在のカテゴリ:「商品売買―一般商品売買―売上げ」内のコンテンツは以下のとおりです。

  1. 売上げ
  2. 売上―分類―総売上高
  3. 売上―分類―純売上高
  4. 売上―計上―収益の認識基準
  5. 売上―計上―収益の認識基準―工事契約(受注制作のソフトウェア含む)の場合
  6. 売上―計上―売上の計上金額



関連コンテンツ


現在のカテゴリ:商品売買―一般商品売買―売上げ の位置づけ

現在のカテゴリ:「商品売買―一般商品売買―売上げ」のサイトにおける位置づけは以下のとおりです。

プライバシーポリシー