納税―源泉徴収―事務―給与所得―手続き―毎月―②源泉徴収税額―計算 - [経済]簿記勘定科目一覧表(用語集)

[経済]簿記勘定科目一覧表(用語集)

勘定科目を体系的に分類し、仕訳の仕方等を解説した会計の実務的マニュアルです。

納税―源泉徴収―事務―給与所得―手続き―毎月―②源泉徴収税額―計算



(" 源泉徴収―事務―給与所得―毎月―②源泉徴収税額―計算 "から複製)

給与所得源泉徴収税額の算定・算出・計算方法

給与を支払う際の源泉徴収税額は、額の自動確定(国税通則法)とスムーズな年末調整という相反する要請を調整するため、所得法の2つの別表を使用して概算的に算出する。

源泉徴収税額とは―源泉徴収税額の決定・設定・確定

 

具体的には、次の手順で源泉徴収税額を計算する。

1.課税対象額を求める

課税対象額は、次の計算式により算定・算出する。

課税対象額 = 給与総額 - 非課額 ― 所得控除の一部(社会保険料控除)

給与総額

給与所得額は、その年中の給与等の収入金額から、給与所得控除額を控除した残額である。

ただし、給与所得控除額は、月々の源泉徴収税額を求める際(→2.課税対象額を「給与所得の源泉徴収税額表」に当てはめて源泉徴収税額を求める)に使用する「給与所得の源泉徴収税額表」にすでにおりこまれている。

したがって、給与所得控除額について控除する必要はない。

 

非課

所得が非課となる通勤手当などは課税対象にならない。

 

所得控除の一部

所得は、納者の個々の担力に応じた課をするために、各種の所得控除を行う。

しかし、源泉徴収をする際にそのすべてを控除するわけではない。

一部は年末調整と社員自身の確定申告により控除される。

月々の源泉徴収で控除されるものには、次のようなものがある。

  • 社会保険料控除
  • 障害者控除
  • 寡婦控除
  • 寡夫控除
  • 勤労学生控除
  • 配偶者控除
  • 扶養控除
  • 基礎控除

ただし、上記リストで 社会保険料控除以外の所得控除については、「給与所得の源泉徴収税額表」におりこまれているので、控除する必要はない。

 

2.課税対象額を「給与所得の源泉徴収税額表」に当てはめて源泉徴収税額を求める

算定した課税対象額を、「給与所得の源泉徴収税額表」にあてはめれば、源泉徴収税額が求めることができる。

この際、社員に提出させた「給与所得者の扶養控除等(異動)申告書」に控除対象配偶者や扶養親族、障害者などの記載がある場合には、「給与所得の源泉徴収税額表」の「扶養親族等の数」にある人数に照らし合わせて、源泉徴収税額を求める。

 



| 現在のカテゴリ:所得税 |

現在のカテゴリ:所得税

カテゴリ内のコンテンツの一覧[全 45 ページ(カテゴリページは除く)]

現在のカテゴリ:「所得税」内のコンテンツは以下のとおりです。

  1. 税額―課税標準
  2. 税額―課税標準―合計所得金額
  3. 税額―課税標準―総所得金額
  4. 税額―課税標準―総所得金額等
  5. 納税―予定納税
  6. 納税―源泉徴収
  7. 納税―源泉徴収―源泉所得税(源泉税)
  8. 納税―源泉徴収―対象者―源泉徴収義務者
  9. 納税―源泉徴収―対象所得―源泉徴収の対象となる所得
  10. 納税―源泉徴収―対象所得―源泉徴収の対象となる所得―報酬・料金等
  11. 納税―源泉徴収―対象所得―源泉徴収の対象となる所得―報酬・料金等―一定の専門家に支払う報酬・料金等(特定の資格を持つ人などに支払う報酬・料金等)
  12. 納税―源泉徴収―対象所得―源泉徴収の対象となる所得―確定申告など他制度との関係
  13. 納税―源泉徴収―時期
  14. 納税―源泉徴収―時期―納付―例外①―納期の特例
  15. 納税―源泉徴収―時期―納付―例外②―納期限の特例
  16. 納税―源泉徴収―事務―給与所得―手続き
  17. 納税―源泉徴収―事務―給与所得―手続き―毎月
  18. 納税―源泉徴収―事務―給与所得―手続き―毎月―②源泉徴収税額
  19. 納税―源泉徴収―事務―給与所得―手続き―毎月―②源泉徴収税額―計算
  20. 納税―源泉徴収―事務―給与所得―手続き―毎月―②源泉徴収税額―計算―給与所得の源泉徴収税額表(源泉徴収税額表・税額表)
  21. 納税―源泉徴収―事務―給与所得―手続き―毎月―③源泉徴収簿(所得税源泉徴収簿 給与所得・退職所得に対する所得税源泉徴収簿)
  22. 納税―源泉徴収―事務―給与所得―手続き―毎月―③源泉徴収簿(所得税源泉徴収簿 給与所得・退職所得に対する所得税源泉徴収簿)―記載事項
  23. 納税―源泉徴収―事務―給与所得―手続き―毎月―③源泉徴収簿(所得税源泉徴収簿 給与所得・退職所得に対する所得税源泉徴収簿)―書き方
  24. 納税―源泉徴収―事務―給与所得―手続き―毎月―④納付
  25. 納税―源泉徴収―事務―給与所得―手続き―毎月―④納付―所得税徴収高計算書
  26. 納税―源泉徴収―事務―給与所得―手続き―毎月―④納付―所得税徴収高計算書―給与所得・退職所得等の所得税徴収高計算書
  27. 納税―源泉徴収―事務―給与所得―手続き―毎月―④納付―所得税徴収高計算書―給与所得・退職所得等の所得税徴収高計算書―①作成・提出
  28. 納税―源泉徴収―事務―給与所得―手続き―毎月―④納付―所得税徴収高計算書―給与所得・退職所得等の所得税徴収高計算書―①作成・提出―書き方
  29. 納税―源泉徴収―事務―給与所得―手続き―毎月―④納付―所得税徴収高計算書―給与所得・退職所得等の所得税徴収高計算書―①作成・提出―e-Taxソフト(電子申請・オンライン申請)による作成・提出方法
  30. 納税―源泉徴収―事務―給与所得―手続き―毎月―④納付―所得税徴収高計算書―給与所得・退職所得等の所得税徴収高計算書―②納税―電子納税
  31. 納税―源泉徴収―事務―給与所得―手続き―毎月―源泉徴収税額がない場合
  32. 納税―年末調整
  33. 納税―年末調整―内容
  34. 納税―年末調整―対象者(年末調整を受ける人)
  35. 納税―年末調整―時期
  36. 納税―年末調整―要否
  37. 事務―法定調書―源泉徴収票
  38. 事務―法定調書―源泉徴収票―給与所得の源泉徴収票
  39. 事務―法定調書―源泉徴収票―給与所得の源泉徴収票―見方・書き方
  40. 事務―法定調書―源泉徴収票―給与所得の源泉徴収票―見方・書き方―支払金額
  41. 事務―法定調書―源泉徴収票―給与所得の源泉徴収票―見方・書き方―給与所得控除後の金額
  42. 事務―法定調書―源泉徴収票―給与所得の源泉徴収票―見方・書き方―所得控除の額の合計額
  43. 事務―法定調書―源泉徴収票―給与所得の源泉徴収票―作成と交付・提出の手続き
  44. 事務―法定調書―支払調書
  45. 事務―法定調書―支払調書―報酬、料金、契約金及び賞金の支払調書



関連コンテンツ


現在のカテゴリ:所得税 の位置づけ

現在のカテゴリ:「所得税」のサイトにおける位置づけは以下のとおりです。

プライバシーポリシー