納税―年末調整 - [経済]簿記勘定科目一覧表(用語集)

[経済]簿記勘定科目一覧表(用語集)

勘定科目を体系的に分類し、仕訳の仕方等を解説した会計の実務的マニュアルです。

納税―年末調整



年末調整とは

年末調整の定義・意味・意義

1年間に実際に毎月の給与賞与から源泉徴収した所得の合計額(源泉徴収税額)は、本来納めるべき年額とは一致しないのが通常です。

年末調整とは、会社が、その年最後に給与等の支払いをする際に、源泉徴収税額と年額とを比較し、その過不足分を、徴収しすぎた額は還付し、不足する額は徴収することをいいます。

 

年末調整制度の趣旨・目的・役割・機能

源泉徴収税額の過不足分の精算

年末調整は、源泉徴収税額と年額とを比較し、その過不足分を精算するための制度です。

なお、会社が年末調整を行うことで、従業員は原則として(同じく「精算」のための制度である)確定申告をする必要がなくなります。

源泉徴収税額と実際の年額が異なる理由

源泉徴収税額と年額とが通常は異なる理由は、毎月源泉徴収される額が、年間を通して給与の額・扶養家族に変更がないことを前提にしてあらかじめ決まっているからです。

しかし、実際には、年の途中で昇給・ベースアップにより給与の額が変動することがあります。

また、結婚や出生により扶養家族が増減したりしますが、年の途中で扶養家族などに異動があっても、その異動後の支払い分から修正することとされています。

しかし、すでに受け取っている給与から源泉徴収された所得は修正されません。

さらに、配偶者特別控除や生命保険料地震保険料の控除などは、年末調整の際に控除することとされています。

 

年末調整の根拠法令・法的根拠・条文など

所得

年末調整制度は、所得法で定められている制度です。

所得
(年末調整)
第百九十条  給与所得者の扶養控除等申告書を提出した居住者で、第一号に規定するその年中に支払うべきことが確定した給与等の額が二千万円以下であるものに対し、 その提出の際に経由した給与等の支払者がその年最後に給与等の支払をする場合(その居住者がその後その年十二月三十一日までの間に当該支払者以外の者に当 該申告書を提出すると見込まれる場合を除く。)において、第一号に掲げる所得の額の合計額がその年最後に給与等の支払をする時の現況により計算した第二 号に掲げる額に比し過不足があるときは、その超過額は、その年最後に給与等の支払をする際徴収すべき所得に充当し、その不足額は、その年最後に給与等 の支払をする際徴収してその徴収の日の属する月の翌月十日までに国に納付しなければならない。

 

年末調整の位置づけ・体系

申告納制度の例外

所得は、個人の所得に課される税金です。

そして、個人の所得については、毎年、各個人が、暦年(1月1日~12月31日)を年度として決算を行い、翌年3月までに確定申告して納付するという申告納方式を原則としています。

しかし、給与所得(いわゆるサラリーマンの給料)については、例外的に(例外とはいっても、例外のほうが原則より多いのですが)、社員に代わって会社が、源泉徴収や年末調整を行うことで社員と国の事務を代行する義務を負わされています。

そして、その結果、原則として、社員は確定申告をする必要がなくなります。

つまり、給与所得については、その大きな特色として、源泉徴収・年末調整・申告不要の制度がセットで適用されています。

給与所得の特色・特徴

  

年末調整制度の評価・批評・批判など

源泉徴収制度は日本独自の制度というわけではありません。

しかし、源泉徴収と年末調整をセットにして会社に義務づけているのは、日本だけともいわれています。

特に、年末調整制度は、「歳入の確保」のため、本来は国が行うべき徴収手続きを民間企業にやらせている(つまり、民間企業を徴の道具として無料で利用している)日本独特の慣行であるとともに、納者意識が薄まるものであるとの批判もあります。

 

年末調整の会計簿記経理上の取り扱い

年末調整で12月分の源泉所得税預り金額より還付金の額が大きくなった場合

会計経理処理方法・簿記の記帳の仕方・使用する勘定科目

年末調整で12月分に源泉徴収した額より還付金の額が大きくなった場合、実務的には、通常、預り金借方に計上して処理をする。

取引仕訳の具体例・事例

給与:20万円
源泉所得税額:2万円
年末調整による源泉所得税還付額:3万円

借方科目貸方科目
給与
200,000
現金
210,000
所得税預り金
30,000
所得税預り金
20,000




| 現在のカテゴリ:所得税 |

現在のカテゴリ:所得税

カテゴリ内のコンテンツの一覧[全 45 ページ(カテゴリページは除く)]

現在のカテゴリ:「所得税」内のコンテンツは以下のとおりです。

  1. 税額―課税標準
  2. 税額―課税標準―合計所得金額
  3. 税額―課税標準―総所得金額
  4. 税額―課税標準―総所得金額等
  5. 納税―予定納税
  6. 納税―源泉徴収
  7. 納税―源泉徴収―源泉所得税(源泉税)
  8. 納税―源泉徴収―対象者―源泉徴収義務者
  9. 納税―源泉徴収―対象所得―源泉徴収の対象となる所得
  10. 納税―源泉徴収―対象所得―源泉徴収の対象となる所得―報酬・料金等
  11. 納税―源泉徴収―対象所得―源泉徴収の対象となる所得―報酬・料金等―一定の専門家に支払う報酬・料金等(特定の資格を持つ人などに支払う報酬・料金等)
  12. 納税―源泉徴収―対象所得―源泉徴収の対象となる所得―確定申告など他制度との関係
  13. 納税―源泉徴収―時期
  14. 納税―源泉徴収―時期―納付―例外①―納期の特例
  15. 納税―源泉徴収―時期―納付―例外②―納期限の特例
  16. 納税―源泉徴収―事務―給与所得―手続き
  17. 納税―源泉徴収―事務―給与所得―手続き―毎月
  18. 納税―源泉徴収―事務―給与所得―手続き―毎月―②源泉徴収税額
  19. 納税―源泉徴収―事務―給与所得―手続き―毎月―②源泉徴収税額―計算
  20. 納税―源泉徴収―事務―給与所得―手続き―毎月―②源泉徴収税額―計算―給与所得の源泉徴収税額表(源泉徴収税額表・税額表)
  21. 納税―源泉徴収―事務―給与所得―手続き―毎月―③源泉徴収簿(所得税源泉徴収簿 給与所得・退職所得に対する所得税源泉徴収簿)
  22. 納税―源泉徴収―事務―給与所得―手続き―毎月―③源泉徴収簿(所得税源泉徴収簿 給与所得・退職所得に対する所得税源泉徴収簿)―記載事項
  23. 納税―源泉徴収―事務―給与所得―手続き―毎月―③源泉徴収簿(所得税源泉徴収簿 給与所得・退職所得に対する所得税源泉徴収簿)―書き方
  24. 納税―源泉徴収―事務―給与所得―手続き―毎月―④納付
  25. 納税―源泉徴収―事務―給与所得―手続き―毎月―④納付―所得税徴収高計算書
  26. 納税―源泉徴収―事務―給与所得―手続き―毎月―④納付―所得税徴収高計算書―給与所得・退職所得等の所得税徴収高計算書
  27. 納税―源泉徴収―事務―給与所得―手続き―毎月―④納付―所得税徴収高計算書―給与所得・退職所得等の所得税徴収高計算書―①作成・提出
  28. 納税―源泉徴収―事務―給与所得―手続き―毎月―④納付―所得税徴収高計算書―給与所得・退職所得等の所得税徴収高計算書―①作成・提出―書き方
  29. 納税―源泉徴収―事務―給与所得―手続き―毎月―④納付―所得税徴収高計算書―給与所得・退職所得等の所得税徴収高計算書―①作成・提出―e-Taxソフト(電子申請・オンライン申請)による作成・提出方法
  30. 納税―源泉徴収―事務―給与所得―手続き―毎月―④納付―所得税徴収高計算書―給与所得・退職所得等の所得税徴収高計算書―②納税―電子納税
  31. 納税―源泉徴収―事務―給与所得―手続き―毎月―源泉徴収税額がない場合
  32. 納税―年末調整
  33. 納税―年末調整―内容
  34. 納税―年末調整―対象者(年末調整を受ける人)
  35. 納税―年末調整―時期
  36. 納税―年末調整―要否
  37. 事務―法定調書―源泉徴収票
  38. 事務―法定調書―源泉徴収票―給与所得の源泉徴収票
  39. 事務―法定調書―源泉徴収票―給与所得の源泉徴収票―見方・書き方
  40. 事務―法定調書―源泉徴収票―給与所得の源泉徴収票―見方・書き方―支払金額
  41. 事務―法定調書―源泉徴収票―給与所得の源泉徴収票―見方・書き方―給与所得控除後の金額
  42. 事務―法定調書―源泉徴収票―給与所得の源泉徴収票―見方・書き方―所得控除の額の合計額
  43. 事務―法定調書―源泉徴収票―給与所得の源泉徴収票―作成と交付・提出の手続き
  44. 事務―法定調書―支払調書
  45. 事務―法定調書―支払調書―報酬、料金、契約金及び賞金の支払調書



関連コンテンツ


現在のカテゴリ:所得税 の位置づけ

現在のカテゴリ:「所得税」のサイトにおける位置づけは以下のとおりです。

プライバシーポリシー