簿記の分類1―簡易簿記―簡易帳簿 - [経済]簿記勘定科目一覧表(用語集)

[経済]簿記勘定科目一覧表(用語集)

勘定科目を体系的に分類し、仕訳の仕方等を解説した会計の実務的マニュアルです。



簿記の分類1―簡易簿記―簡易帳簿

簡易帳簿とは

簡易帳簿の定義・意味・意義

簡易帳簿とは、簡易簿記で使用される、通常(複式簿記)の帳簿とは若干様式等が異なる帳簿をいう。

簡易簿記では、複式簿記による仕訳転記作業を行わないで、簡易帳簿に売上げなどの総収入金額仕入れその他必要経費に関する事項、つまり、損益計算書に関する事項だけを記帳する。

簡易帳簿の分類・種類

簡易帳簿の種類は行う業務の内容により異なるが、標準的な簡易帳簿の種類は次の5種類である。

1.現金出納帳

現金出納帳とは、事業用の現金の出し入れの状況を取引順に記入する帳簿をいう。

簡易帳簿における現金出納帳とは

2.売掛帳

売掛帳とは、得意先ごとに口座を設け、商品などの掛売りや、売掛金の回収の状況を記入する帳簿をいう。

3.買掛帳

買掛帳とは、仕入先ごとに口座を設け、商品などの掛買いや、買掛金の支払の状況を記入する帳簿をいう。

4.経費帳

経費帳とは、仕入以外の事業上の費用租税公課水道光熱費旅費交通費給料賃金などの科目ごとに口座を設けて記入する帳簿をいう。

簡易帳簿―経費帳とは

5.固定資産台帳

固定資産台帳とは、事業用の減価償却資産繰延資産について、原則として個々の減価償却資産ごとに口座を設け、資産の取得とその異動に関する事項などを記入する帳簿をいう。



| 現在のカテゴリ:簿記 |

現在のカテゴリ:簿記

カテゴリ内のコンテンツの一覧[全 11 ページ(カテゴリページは除く)]

現在のカテゴリ:「簿記」内のコンテンツは以下のとおりです。

  1. 簿記
  2. 簿記の分類1―単式簿記
  3. 簿記の分類1―簡易簿記
  4. 簿記の分類1―簡易簿記―簡易帳簿
  5. 簿記の分類1―複式簿記
  6. 簿記の分類1―複式簿記―①取引の二重性
  7. 簿記の分類1―複式簿記―①取引の二重性―借方
  8. 簿記の分類1―複式簿記―①取引の二重性―貸方
  9. 簿記の分類1―複式簿記―②貸借平均の原則
  10. 簿記の分類2―商業簿記
  11. 簿記の分類2―工業簿記


関連コンテンツ

現在のカテゴリ:簿記 の位置づけ

現在のカテゴリ:「簿記」のサイトにおける位置づけは以下のとおりです。

プリバシーポリシー