前期損益修正損 - [経済]簿記勘定科目一覧表(用語集)

[経済]簿記勘定科目一覧表(用語集)

勘定科目を体系的に分類し、仕訳の仕方等を解説した会計の実務的マニュアルです。

前期損益修正損



前期損益修正損とは

前期損益修正損勘定の定義・意味

前期損益修正損とは、前期以前で計上した損益の修正による損失を処理するための勘定科目をいう。

前期損益修正損勘定の目的・趣旨

株主総会で承認された決算書を過去にさかのぼって修正することはできないため、特別に前期損益修正益、前期損益修正損という科目を用いて修正することになる。

前期損益修正損勘定の範囲・具体例

具体的には、前期以前における減価償却費(過小)の修正額などがある。

反対概念

前期損益修正益

前期損益修正損の財務諸表における区分表示表示科目

損益計算書特別損益の部>特別損失>前期損益修正損

当期の収益または損失に属さない過年度損益修正額は、当期の経常損益からは除外し、特別損失として計上しなければならない。

前期損益修正損の収益費用益金損金変換(務 法人税法等)

必要経費算入の可否

前期損益修正損勘定で処理を行った内容により、損金算入できる場合とできない場合とがある。

前期損益修正損の消費税の課・非課・不課(対象外)・免の区分

不課(対象外)



| 現在のカテゴリ:費用―特別損失 |

現在のカテゴリ:費用―特別損失

カテゴリ内のコンテンツの一覧[全 18 ページ(カテゴリページは除く)]

現在のカテゴリ:「費用―特別損失」内のコンテンツは以下のとおりです。

  1. 前期損益修正損
  2. 固定資産売却損
  3. 固定資産除却損
  4. 固定資産廃棄損
  5. 投資証券売却損(投資有価証券売却損)
  6. 子会社株式売却損
  7. 関係会社株式売却損
  8. 減損損失
  9. 災害損失
  10. 社債償還損
  11. 火災損失
  12. 損害補償損失引当金繰入
  13. 有価証券強制低価評価損
  14. 特別退職金
  15. 役員退職金
  16. 役員退職金―税務処理―必要経費算入・損金算入
  17. 債務保証引当金繰入
  18. 臨時損失



関連コンテンツ


現在のカテゴリ:費用―特別損失 の位置づけ

現在のカテゴリ:「費用―特別損失」のサイトにおける位置づけは以下のとおりです。

プリバシーポリシー