[経済]簿記勘定科目一覧表(用語集)

勘定科目を体系的に分類し、仕訳の仕方等を解説した会計の実務的マニュアルです。


重加算税


(" 附帯税―加算税―重加算税 "から複製)

重加算税とは

重加算税の定義・意味・意義

重加算税とは、無申告加算税過少申告加算税不納付加算税のそれぞれにおいて、隠蔽(隠ぺい)や仮装、つまり所得を隠したり、少なく見せかけたりと悪質な脱税の場合に、それらに代わってさらに高い率で課せられる国税をいいます。

他の加算税と併用して課せられることはありません。

 

重加算税の位置づけ・体系(上位概念)

加算税

重加算税は、加算税の一種ですが、加算税には次の4種類があります。

  1. 無申告加算税…申告していない場合
  2. 過少申告加算税…過少申告した場合
  3. 不納付加算税源泉徴収した税金を期限内に納めなかった場合
  4. 重加算税額計算のもとになる事実を隠ぺい、または仮装していた場合

 

重加算税率(課割合)

悪質な脱税と認定された場合、最長で過去7年間に遡って、過少申告加算税または不納付加算税に相当するときは35%、無申告加算税に相当するときは40%の率で、重加算税が課されます。

脱税額が多額の場合、さらに検察に告発され、刑事犯として処罰されます。

 

 

重加算税会計簿記経理上の取り扱い

次のページを参照。

加算税の会計・簿記・経理上の取り扱い



現在のページのサイトにおける位置づけ

現在のページが属するカテゴリ内のページ一覧[全 17 ページ]

  1. 重加算金
  2. 重加算税
  3. 祝儀(祝い金)
  4. じゅうたん
  5. 従業員貸付金
  6. 収入印紙
  7. 収入証紙
  8. 住民税
  9. 住民票(住民票の写し)
  10. 重油代
  11. 宿泊費(宿泊代)
  12. 受託販売
  13. 出産祝金
  14. 出資
  15. 出資金
  16. 出張旅費・出張
  17. 出張手当(出張日当・日当)

現在のページが属するカテゴリのサイトにおける位置づけ



プライバシーポリシー