[経済]簿記勘定科目一覧表(用語集)

勘定科目を体系的に分類し、仕訳の仕方等を解説した会計の実務的マニュアルです。


現先取引


現先取引とは

現先取引の定義・意味・意義

現先取引とは、一定期間の経過後に、利息が上乗せされたあらかじめ定められた額によって買い戻すことを約束した証券等の売買をいう。

現先取引の趣旨・目的・役割・機能

現先取引は、売主については短期資金調達、買主については短期資運用という効果がある。

現先取引の分類・種類

現先取引で利用される証券には、次のようなものがある。

現先取引の方法

現先取引には、次の2つの方法がある。

  1. 買現先…先に買い、後で売り戻す現先
  2. 売現先…先に売り、後で買い戻す現先

現先取引の会計簿記経理上の取り扱い

会計経理処理方法・簿記の記帳の仕方・使用する勘定科目

現先取引の処理方法には、次の2つの方法がある。

  1. 売買として処理をする方法
  2. 貸付金として処理をする方法

ただし、経済実態にしたがって処理をするには、貸付金として処理をするほうが合理的である。



現在のページのサイトにおける位置づけ

現在のページが属するカテゴリ内のページ一覧[全 13 ページ]

  1. ケーブルテレビ
  2. 研究会
  3. 現金の残高不一致
  4. 健康診断(一般健康診断)
  5. 健康保険料
  6. 現先取引
  7. 減資
  8. 研修費用(研修会の費用)
  9. 源泉所得税(源泉税)
  10. 建築士報酬
  11. 建築設備
  12. 現物給与
  13. 権利金

現在のページが属するカテゴリのサイトにおける位置づけ



プライバシーポリシー