[経済]簿記勘定科目一覧表(用語集)

勘定科目を体系的に分類し、仕訳の仕方等を解説した会計の実務的マニュアルです。


福利厚生


(" 福利厚生 "から複製)

福利厚生とは

福利厚生の定義・意味・意義

福利厚生(ふくりこうせい)とは、一般に、使用者が労働者やその家族の健康や生活の福祉を向上させるために行う諸施策の総称をいう。

労働問題Q&A(改訂版)/独立行政法人 労働政策研究・研修機構(JILPT) http://www.jil.go.jp/rodoqa/10_hoken/10-Q01.html

福利厚生の分類・種類

福利厚生は次の2つに大別される。

  1. 法定福利
  2. 法定外福利

福利厚生会計簿記経理上の取り扱い

会計経理処理方法・簿記の記帳の仕方・使用する勘定科目

法定福利にかかる費用については法定福利費または福利厚生費勘定法定外福利にかかる費用については福利厚生費勘定で処理をする。

  1. 法定福利にかかる費用法定福利費または福利厚生費勘定
  2. 法定外福利にかかる費用福利厚生費勘定



現在のページのサイトにおける位置づけ

現在のページが属するカテゴリ内のページ一覧[全 13 ページ]

  1. ファイナンス・リース
  2. ファイル
  3. ファクタリング
  4. ファックス(機器)
  5. ファックス送信代(ファクシミリ送信代)
  6. ファックス用紙
  7. 封筒(封筒代)
  8. フェンス
  9. 賦課金
  10. 複写機(購入)
  11. 複写機(リース)
  12. 福利厚生
  13. 不申告加算金

現在のページが属するカテゴリのサイトにおける位置づけ



プライバシーポリシー