[経済]簿記勘定科目一覧表(用語集)

勘定科目を体系的に分類し、仕訳の仕方等を解説した会計の実務的マニュアルです。


不申告加算金


(" 加算金―不申告加算金 "から複製)

不申告加算金とは

不申告加算金の定義・意味・意義

不申告加算金とは、地方税の納入申告書を提出期限後に提出した場合、つまり、期限内に申告をしなかった場合に課される地方団体の徴収をいいます。

不申告加算金の根拠法令・法的根拠・条文など

地方税

不申告加算金の位置づけ・体系(上位概念)

地方団体の徴収

不申告加算金地方税法上の徴収(「地方団体の徴収」)です。

国税附帯税に相当する制度

地方団体の徴収にも国税附帯税に相当する同様の制度があります。

不申告加算金がそのひとつで、これには次のようなものがあります。

地方税
(用語)
第一条  この法律において、次の各号に掲げる用語の意義は、当該各号に定めるところによる。

十四  地方団体の徴収 地方税並びにその督促手数料、延滞金過少申告加算金不申告加算金重加算金及び滞納処分費をいう。

 

不申告加算金会計簿記経理上の取り扱い

会計経理処理方法・簿記の記帳の仕方・使用する勘定科目

個人事業主(自営業・フリーランサー)の場合

個人事業主自身に課される地方税不申告加算金は、所得法上、必要経費算入が認められていない。

したがって、会計上は費用処理ができず、事業用資から不申告加算金を支払った場合は、事業主貸勘定、または資本金引出金勘定で処理をする。

これに対して、個人のお金(ないしは、個人専用の口座)から支払った場合は、仕訳は不要である(つまり、会計処理は不要ということ)。

なお、同様の租税等としては不申告加算金のほか、次のようなものがある。

租税公課―税務―必要経費算入・損金算入の可否―所得税法上の取り扱い



現在のページのサイトにおける位置づけ

現在のページが属するカテゴリ内のページ一覧[全 13 ページ]

  1. ファイナンス・リース
  2. ファイル
  3. ファクタリング
  4. ファックス(機器)
  5. ファックス送信代(ファクシミリ送信代)
  6. ファックス用紙
  7. 封筒(封筒代)
  8. フェンス
  9. 賦課金
  10. 複写機(購入)
  11. 複写機(リース)
  12. 福利厚生
  13. 不申告加算金

現在のページが属するカテゴリのサイトにおける位置づけ



プライバシーポリシー