損益計算書原則―収益・費用の認識基準―実現主義―販売基準―出荷基準(発送基準) - [経済]簿記勘定科目一覧表(用語集)

[経済]簿記勘定科目一覧表(用語集)

勘定科目を体系的に分類し、仕訳の仕方等を解説した会計の実務的マニュアルです。



損益計算書原則―収益・費用の認識基準―実現主義―販売基準―出荷基準(発送基準)

出荷基準とは

出荷基準の定義・意味・意義

出荷基準(しゅっかきじゅん)とは、売上をいつの時点で計上するかという売上の計上基準のひとつで、商品製品等を出荷した日に売上を計上する(商品の出荷日に売上を計上する)ものをいう。

 

出荷基準の別名・別称・通称など

発送基準

出荷基準は発送基準ともいう。

 

出荷基準の具体例・事例・実例

たとえば、商品などを倉庫から出したとき、トラックなどに積み込んだとき、得意先の指定した場所に搬入したときなどである。

 

出荷基準の趣旨・目的・役割・機能

一般商品売買

一般商品売買の業種でよく採用されている基準である。

特に中小企業では出荷基準を採用しているところが多い。

通常の店頭販売であれば、商品を相手に引き渡した時点をもって売上計上するが、遠隔地に販売した場合などは、出荷基準等によることになる。

 

出荷基準の位置づけ・体系(上位概念)

収益の認識基準売上の計上基準

一般的な売上の計上基準として、販売基準(=引渡基準)があるが、さらに、その具体的・実務的な判定基準のひとつが出荷基準である。

販売基準には、出荷基準以外にも次のような基準がある。

 

対策・節方法としての出荷基準

一般に売上の計上金額をできるかぎり抑えることは、高い節効果がある。

そして、売上の計上金額を抑える方法のひとつとして、売上の計上時期を遅らせるというものがある。

この点、出荷基準については、出荷したからといって必ずしも売上につながるとは限らないという点に留意する必要がある。

たとえば、決算前に販売し、決算後に返品されたときには、出荷基準によれば、売上を計上することになる。

つまり、返品されて売上にならない(お金を受け取っていない)のに、税金は支払うことになる。

ただし、翌期の税金は減額になる。

そこで、たとえば、商品が得意先の検収を受け、返品がある程度発生する場合は、検収基準に変更することで売上の計上時期を遅らせることができる。

ただし、法上、いったん採用した計上基準は継続的に適用することが要求される。

したがって、売上の計上時期を変更するには、利益操作・租税回避が目的ではないことを合理的に「説明」できる理由が必要となるので注意。

 

会計簿記経理上の取り扱い

会計資料証憑・証拠)

何を確証とするかは企業により異なるが、出荷基準の場合は、出荷伝票納品書控えが確証となる。

 




カテゴリ内のコンテンツの一覧[全 24 ページ(カテゴリページは除く)]

現在のカテゴリ:「会計基準―企業会計原則―損益計算書原則」内のコンテンツは以下のとおりです。

  1. 損益計算書原則
  2. 損益計算書原則―収益・費用の認識基準(期間帰属・計上時期)
  3. 損益計算書原則―収益・費用の認識基準―発生主義
  4. 損益計算書原則―収益・費用の認識基準―発生主義―工事進行基準
  5. 損益計算書原則―収益・費用の認識基準―実現主義
  6. 損益計算書原則―収益・費用の認識基準―実現主義―販売基準
  7. 損益計算書原則―収益・費用の認識基準―実現主義―販売基準―出荷基準(発送基準)
  8. 損益計算書原則―収益・費用の認識基準―実現主義―販売基準―引渡基準
  9. 損益計算書原則―収益・費用の認識基準―実現主義―販売基準―納品基準(着荷基準)
  10. 損益計算書原則―収益・費用の認識基準―実現主義―販売基準―検収基準
  11. 損益計算書原則―収益・費用の認識基準―実現主義―販売基準―使用収益開始基準
  12. 損益計算書原則―収益・費用の認識基準―実現主義―販売基準―検針基準(検診日基準)
  13. 損益計算書原則―収益・費用の認識基準―実現主義―販売基準―取付完了基準
  14. 損益計算書原則―収益・費用の認識基準―実現主義―販売基準―役務完了基準
  15. 損益計算書原則―収益・費用の認識基準―実現主義―工事完成基準
  16. 損益計算書原則―収益・費用の認識基準―現金主義
  17. 損益計算書原則―収益の認識基準(計上時期・期間帰属)
  18. 損益計算書原則―収益の認識基準―税法―権利確定主義
  19. 損益計算書原則―費用の認識基準(費用の計上基準・費用の帰属時期)
  20. 損益計算書原則―費用の認識基準―税法―債務確定主義
  21. 損益計算書原則―費用の認識基準―税法―債務確定主義―適用対象・適用範囲
  22. 損益計算書原則―費用収益対応の原則
  23. 損益計算書原則―費用収益対応の原則―個別対応(個別的対応・直接的対応)
  24. 損益計算書原則―費用収益対応の原則―期間対応(期間的対応・間接的対応)


関連コンテンツ

現在のカテゴリ:会計基準―企業会計原則―損益計算書原則 の位置づけ

現在のカテゴリ:「会計基準―企業会計原則―損益計算書原則」のサイトにおける位置づけは以下のとおりです。

プリバシーポリシー