手当 - [経済]簿記勘定科目一覧表(用語集)

[経済]簿記勘定科目一覧表(用語集)

勘定科目を体系的に分類し、仕訳の仕方等を解説した会計の実務的マニュアルです。

手当



手当とは

手当の定義・意味など

手当(てあて)とは、給料のうち、基本給のほかに、特定の支出に充当するためや特定の業務に対する対価などとして支給する銭をいう。

手当の位置づけ・体系(上位概念等)

給料

給料は基本的には基本給と諸手当から構成される。

手当の範囲・具体例

通勤手当

通勤手当手当のひとつであるが、所得法上、原則として非課所得とされている(所得法9条)ことなどから、給料ではなく旅費交通費に含めるか、または、通勤手当勘定など独立した勘定科目で処理する。

岩崎恵利子 『パッと引いて仕訳がわかる 逆引き勘定科目事典』 シーアンドアール研究所、2009年、139項。

手当会計簿記経理上の取り扱い

会計処理方法

使用する勘定科目・記帳の仕方等
給与手当

諸手当を支給したときは、基本給と同じく給料に含めて給与手当勘定借方に記帳して費用計上する。



| 現在のカテゴリ:た行―て(てあーてお) |

現在のカテゴリ:た行―て(てあーてお)

カテゴリ内のコンテンツの一覧[全 9 ページ(カテゴリページは除く)]

現在のカテゴリ:「た行―て(てあーてお)」内のコンテンツは以下のとおりです。

  1. 手当
  2. 庭園
  3. 定款作成費用
  4. 定額小為替証書
  5. 定期健康診断
  6. 定期券代
  7. 定期購読(雑誌等)
  8. ディスカウント(割引)
  9. ティッシュペーパー



関連コンテンツ


現在のカテゴリ:た行―て(てあーてお) の位置づけ

現在のカテゴリ:「た行―て(てあーてお)」のサイトにおける位置づけは以下のとおりです。

プライバシーポリシー