事業―損益―利益―費用―内容―経費(必要経費)―会計処理 - [経済]簿記勘定科目一覧表(用語集)

[経済]簿記勘定科目一覧表(用語集)

勘定科目を体系的に分類し、仕訳の仕方等を解説した会計の実務的マニュアルです。

事業―損益―利益―費用―内容―経費(必要経費)―会計処理



経費会計簿記経理上の取り扱い

費用の認識基準期間帰属費用計上時期

原則―発生主義

経費費用のひとつとして費用収益対応の原則から発生主義による記帳が原則である。

例外―現金主義

一部の経費(たとえば、水道光熱費など)については実務上現金主義で処理されていることも多い。

これは経理事務の簡素化(仕訳処理が1回ですむ)ということに加えて、経費について発生主義を適用すると架空経費の計上が問題となる場合があるからである。

ただし、現金主義では経費売上の対応が損なわれることに注意。

なお、費用のうち仕入については発生主義が厳格に適用される。

会計資料証憑・証拠)

たとえば、実際に「所得を獲得するのに」支出したものであっても、交際費など特に務署から疑われやすい科目がある。

そうした疑いなどをきちんと晴らすことができるためにも経費であることを証明できるものを用意して経費をきちんと管理しておく必要がある。

納品書請求書領収書領収証)・レシート等といった証憑はもちろんのこと、出金伝票などを使用した内部記録や各種文書(たとえば、会議議事録など)も証拠となりえる。



| 現在のカテゴリ:基本概念 |

現在のカテゴリ:基本概念

カテゴリ内のコンテンツの一覧[全 14 ページ(カテゴリページは除く)]

現在のカテゴリ:「基本概念」内のコンテンツは以下のとおりです。

  1. 会社財産
  2. 事業
  3. 事業―損益
  4. 事業―損益―利益
  5. 事業―損益―利益―収益
  6. 事業―損益―利益―費用
  7. 事業―損益―利益―費用―分類―変動費
  8. 事業―損益―利益―費用―分類―固定費
  9. 事業―損益―利益―費用―内容―売上原価(仕入)
  10. 事業―損益―利益―費用―内容―経費(必要経費)
  11. 事業―損益―利益―費用―内容―経費(必要経費)―範囲・具体例
  12. 事業―損益―利益―費用―内容―経費(必要経費)―会計処理
  13. 事業―損益―損失
  14. 経理



関連コンテンツ


現在のカテゴリ:基本概念 の位置づけ

現在のカテゴリ:「基本概念」のサイトにおける位置づけは以下のとおりです。

プライバシーポリシー