貸借対照表原則―評価―資産の評価基準―取得原価―取得原価主義―有形固定資産の場合―取得価額の決定方法 - [経済]簿記勘定科目一覧表(用語集)

[経済]簿記勘定科目一覧表(用語集)

勘定科目を体系的に分類し、仕訳の仕方等を解説した会計の実務的マニュアルです。

貸借対照表原則―評価―資産の評価基準―取得原価―取得原価主義―有形固定資産の場合―取得価額の決定方法



有形固定資産取得価額取得原価

有形固定資産取得価額の決定

有形固定資産は、減価償却資産非減価償却資産とに分類されるが、そのどちらにおいても取得価額の決定方法が重要となる。

この取得価額には、購入価格に購入手数料または売買手数料などの付随費用を含めるのが原則である。

取得価額=購入価格(購入代価)+付随費用

ただし、有形固定資産取得価額は、その取得態様(形態)により若干違いがあるので、以下整理する。

購入の場合

取得価額=購入代(代価)+付随費用事業の用に供するために直接要した費用

ここでいう付随費用には、引取運賃、荷役費、運送保険料、購入手数料、関税などがある。

また、事業の用に供するための直接要した費用には、据付費や試運転費などがある。

自己建設・自己製作の場合

取得価額製造原価原材料費労務費経費)+事業の用に供するために直接要した費用

贈与・交換などにより取得した場合

取得価額=取得時の時価事業の用に供するために直接要した費用

贈与などにより無償で資産を取得した場合であっても、 取得価額をゼロにすることはできない。

この点、企業会計原則では、「公正な評価額をもって取得原価とする」と規定しているが、ここにいう「公正な評価額」とは、具体的には時価(再調達価額もしくは売却見込額)をいう。

なお、資産の受贈による利益受贈益などの科目を使用して会計処理をし、特別利益の部に表示されることになる。




カテゴリ内のコンテンツの一覧[全 17 ページ(カテゴリページは除く)]

現在のカテゴリ:「会計基準―企業会計原則―貸借対照表原則」内のコンテンツは以下のとおりです。

  1. 貸借対照表原則
  2. 貸借対照表原則―貸借対照表完全性の原則
  3. 貸借対照表原則―流動と固定の区別基準
  4. 貸借対照表原則―流動と固定の区別基準―正常営業循環基準(営業循環基準)
  5. 貸借対照表原則―流動と固定の区別基準―1年基準(ワン・イヤー・ルール)
  6. 貸借対照表原則―評価
  7. 貸借対照表原則―評価―資産の評価基準
  8. 貸借対照表原則―評価―資産の評価基準―取得原価(取得価額・原価)
  9. 貸借対照表原則―評価―資産の評価基準―取得原価―付随費用
  10. 貸借対照表原則―評価―資産の評価基準―取得原価―取得原価主義(原価主義)
  11. 貸借対照表原則―評価―資産の評価基準―取得原価―取得原価主義―有形固定資産の場合―取得価額の決定方法
  12. 貸借対照表原則―評価―資産の評価基準―取得原価―取得原価主義会計(簿価会計・簿価主義会計)
  13. 貸借対照表原則―評価―資産の評価基準―時価
  14. 貸借対照表原則―評価―資産の評価基準―時価―時価主義
  15. 貸借対照表原則―評価―資産の評価基準―時価―時価主義―時価主義会計
  16. 貸借対照表原則―評価―資産の評価基準―時価―時価主義―時価会計
  17. 貸借対照表原則―評価替え



関連コンテンツ


現在のカテゴリ:会計基準―企業会計原則―貸借対照表原則 の位置づけ

現在のカテゴリ:「会計基準―企業会計原則―貸借対照表原則」のサイトにおける位置づけは以下のとおりです。

プライバシーポリシー