燃料費 - [経済]簿記勘定科目一覧表(用語集)

[経済]簿記勘定科目一覧表(用語集)

勘定科目を体系的に分類し、仕訳の仕方等を解説した会計の実務的マニュアルです。


燃料費


燃料費とは

燃料費の定義・意味など

燃料費(ねんりょうひ)とは、燃料の購入代を処理する費用勘定をいう。

法人・個人の別

法人・個人

燃料費は法人・個人で使用される勘定科目である。

燃料費の範囲・具体例

他の勘定科目との関係

車両費水道光熱水費

ガソリン代軽油代オイル代オイル交換)は車両費勘定などで処理をすることもある。

また、重油代灯油代は一般的な勘定科目である水道光熱費勘定で処理することもある。

燃料費の決算等における位置づけ等

燃料費の財務諸表における区分表示表示科目

損益計算書経常損益の部 > 営業損益の部 > 販売費及び一般管理費 > 燃料費

区分表示
販売費及び一般管理費

燃料費は販売費及び一般管理費に属するものとして表示する。

財務諸表等の用語、様式及び作成方法に関する規則
販売費及び一般管理費の範囲)
第八十四条  会社の販売及び一般管理業務に関して発生したすべての費用は、販売費及び一般管理費に属するものとする。

燃料費の会計簿記経理上の取り扱い

会計処理方法

使用する勘定科目・記帳の仕方等

ガソリン代などを支払ったときは、燃料費勘定費用)などの借方に記帳して費用計上する。

取引の具体例と仕訳の仕方

ガソリン代

取引

ガソリン代5000円を現金で支払った。

仕訳

借方科目貸方科目
燃料費 5,000 現金 5,000

軽油代
軽油引取税領収書等で明確に区分されている場合

取引

軽油代5000円(内軽油引取税1000円)を現金で支払った。

仕訳

借方科目
貸方科目
燃料費 4,000 現金 5,000
租税公課 1,000

燃料費の務・法・制上の取り扱い

消費税の課・非課・免・不課(対象外)の区分

原則
課税取引

燃料費は消費税の課税対象となる(仕入税額控除の対象となる)。

例外
不課税取引課税対象外)

軽油代に含まれる軽油引取税消費税の課税対象外である。



| 現在のカテゴリ:費用―販売管理費―な行 |

現在のカテゴリ:費用―販売管理費―な行

カテゴリ内のコンテンツの一覧[全 2 ページ(カテゴリページは除く)]

現在のカテゴリ:「費用―販売管理費―な行」内のコンテンツは以下のとおりです。

  1. 荷造発送費(荷造運賃発送費・荷造運賃・荷造費・発送費・発送運賃・支払運賃)
  2. 燃料費



関連コンテンツ


現在のカテゴリ:費用―販売管理費―な行 の位置づけ

現在のカテゴリ:「費用―販売管理費―な行」のサイトにおける位置づけは以下のとおりです。

プライバシーポリシー