割引(ディスカウント) - [経済]簿記勘定科目一覧表(用語集)

[経済]簿記勘定科目一覧表(用語集)

勘定科目を体系的に分類し、仕訳の仕方等を解説した会計の実務的マニュアルです。

割引(ディスカウント)



割引とは

割引の定義・意味など

割引(わりびき)とは、取引を行った場合、そのが支払期日前に支払われたときに、その支払期日の短縮による利息分を免除すること(ディスカウント)をいう。

通常、には取引日から代の支払期日までの利息が含まれている。

参考: 『日商簿記2級 商業簿記 スピード攻略テキスト』 DAI-X出版、2004年、28項。

割引の分類・種類

売上割引仕入割引

割引は、販売側では売上割引仕入側では仕入割引という。

割戻と関係する概念

値引返品割戻

割引と値引割戻商品を引き下げるという点で共通する。

ただし、商品を引き下げる理由がそれぞれ異なるため、会計上は区別して考える。

なお、値引返品割戻会計処理の方法は同じであるが、割引だけは異なる(後述)。

『日商簿記2級 商業簿記 スピード攻略テキスト』 DAI-X出版、2004年、27項。

割引の会計簿記経理上の取り扱い

会計処理方法

使用する勘定科目・記帳の仕方等
売上割引仕入割引

企業会計原則では総額主義が原則とされているが(→総額主義の原則)、値引返品割戻については、実務上、重要性の原則から純額主義による会計処理が一般的である。

具体的には、商品等の販売時・仕入時の貸借反対仕訳をして売上仕入勘定を直接減額して純売上高純仕入高を記載する。

しかし、割引はそれが利息としての性格を有すること(早期に代を回収できたことに対する金融上の費用、または早期に代を支払ったことに対する金融上の収益)から純額主義による会計処理は認められていない(つまり、割引は売上高仕入高から控除することはできない)。

したがって、割引をした場合は、原則どおり総額主義により、割引額を、販売側では売上割引勘定営業外費用)の借方に、仕入側では仕入割引勘定営業外収益)の貸方に記帳して、割引額を帳簿上で明らかにする。

取引の具体例と仕訳の仕方

取引

取引先が支払期日前に10万円を現金で支払ったので、1千円の割引をした。

仕訳

(販売側:売上割引

借方科目
貸方科目
売上割引 1千 売掛金 10万
現金 9万9千

仕入側:仕入割引

借方科目
貸方科目
買掛金 10万 仕入割引 1千
現金 9万9千





カテゴリ内のコンテンツの一覧[全 12 ページ(カテゴリページは除く)]

現在のカテゴリ:「商品売買―一般商品売買―値引・返品・割戻・割引」内のコンテンツは以下のとおりです。

  1. 値引
  2. 値引―売上値引
  3. 値引―仕入値引
  4. 返品
  5. 返品―売上戻り(売上返品)
  6. 返品―仕入戻し(仕入返品)
  7. 割戻(リベート)
  8. 割戻―売上割戻
  9. 割戻―仕入割戻
  10. 割引(ディスカウント)
  11. 割引―売上割引
  12. 割引―仕入割引



関連コンテンツ


現在のカテゴリ:「商品売買―一般商品売買―値引・返品・割戻・割引」のサイトにおける位置づけは以下のとおりです。

プライバシーポリシー