[経済]簿記勘定科目一覧表(用語集)

勘定科目を体系的に分類し、仕訳の仕方等を解説した会計の実務的マニュアルです。


商品売買―原価・売価・売上総利益―売価


売価とは

売価の定義・意味など

売価(ばいか)とは、通常の営業で販売する商品の売り値をいう。

参考:『日商簿記3級 商業簿記 スピード攻略テキスト』 DAI-X出版、2004年、51項。

売価と関係する概念

仕入原価売上総利益

売り値=売価に対して、買い値を仕入原価という。

そして、売価から仕入原価を差し引いたものを売上総利益粗利)という。

売価の決算等における位置づけ等

売価の財務諸表における区分表示表示科目

損益計算書経常損益の部 > 営業損益の部 > 売上高

表示科目
売上高

売価は、期中売上勘定収益)(三分法による場合)などを用いて記帳するが、損益計算書等には「売上高」と表示する。

会社計算規則
損益計算書等の区分)
第八十八条  損益計算書等は、次に掲げる項目に区分して表示しなければならない。この場合において、各項目について細分することが適当な場合には、適当な項目に細分することができる。
 売上高
 売上原価
 販売費及び一般管理費
 営業外収益
 営業外費用
 特別利益
 特別損失

財務諸表等の用語、様式及び作成方法に関する規則
収益及び費用の分類)
第七十条  収益又は費用は、次に掲げる項目を示す名称を付した科目に分類して記載しなければならない。
 売上高
 売上原価役務原価を含む。以下同じ。)
 販売費及び一般管理費
 営業外収益
 営業外費用
 特別利益
 特別損失

売価の会計簿記経理上の取り扱い

会計処理方法

使用する勘定科目・記帳の仕方等
三分法による場合

売上

三分法による場合、商品を販売したときは売価を売上勘定貸方に記帳する。

なお、分記法による場合は、売価と仕入原価との差額(つまり、売上総利益)を商品売買益勘定で処理をする。

取引の具体例と仕訳の仕方

三分法による場合

取引

商品現金で販売した。

仕訳

借方科目
貸方科目
現金 ×××× 売上 ××××

売価の務・法・制上の取り扱い

消費税の課・非課・免・不課(対象外)の区分

課税取引

消費税法上、売価=売上は原則として課税取引として課税売上げに該当する。

ただし、国外取引売上不課税取引として消費税の課税対象外である。

また、一定の要件を満たした輸出取引免税取引輸出免税)として消費税が免除される。



現在のページのサイトにおける位置づけ

現在のページが属するカテゴリ内のページ一覧[全 8 ページ]

  1. 商品売買
  2. 商品売買―記帳方法―三分法(三分割法)
  3. 商品売買―記帳方法―分記法
  4. 商品売買―記帳方法―総記法
  5. 商品売買―原価・売価・売上総利益―仕入原価(原価)
  6. 商品売買―原価・売価・売上総利益―仕入原価(原価)―仕入原価(仕入)と売上原価との違い・関係
  7. 商品売買―原価・売価・売上総利益―売価
  8. 商品売買―原価・売価・売上総利益―売上総利益(粗利)

現在のページが属するカテゴリのサイトにおける位置づけ



プライバシーポリシー