自己指図為替手形(自己受為替手形) - [経済]簿記勘定科目一覧表(用語集)

[経済]簿記勘定科目一覧表(用語集)

勘定科目を体系的に分類し、仕訳の仕方等を解説した会計の実務的マニュアルです。

自己指図為替手形(自己受為替手形)



(" 手形―分類・種類―商業手形―為替手形―自己指図為替手形(自己受為替手形) "から複製)

自己指図為替手形とは

自己指図為替手形の定義・意味など

自己指図為替手形(じこさしずかわせてがた)とは、為替手形のうち、自己を指図人(受取人)として振り出したもの、つまり、振出人と指図人が同一であるものをいう。

自己指図為替手形の別名・別称・通称など

自己受為替手形

自己指図為替手形自己受為替手形(じこうけかわせてがた)ともいう。

自己指図為替手形の目的・役割・意義・機能・作用など

自己指図為替手形は、機能的には、相手が約束手形を振り出したことと同じになる。

したがって、自己指図為替手形は、たとえば、売掛金などを確実に回収したい場合に使用される。

通常の約束手形ではなく、あえて自己指図為替手形というかたちをとるメリットというか、意味は、約束手形の振出しには当座預金の開設が必要なため、相手方が約束手形を振り出せない場合があるからである。

自己指図為替手形の特色・特徴

通常の為替手形は、手形作成者(振出人)と支払人(名宛人・引受人)と受取人(指図人)の三者間の取引となる。

しかし、自己受為替手形自己指図為替手形)では、手形作成者(振出人)と支払人(名宛人・引受人)の二者間の取引となる。

自己指図為替手形と関係する概念

自己宛為替手形

自己指図為替手形会計簿記経理上の取り扱い

会計処理方法

自己指図為替手形を振り出した場合

自己指図為替手形を振り出した場合の会計処理は、ちょうど自己宛為替手形を振り出した場合の会計処理の逆となる。

振出人側の処理(自己指図為替手形の振出し)

自己指図為替手形を振り出した場合は、手形を受け取る権利が発生するので、受取手形勘定借方に記帳する。

約束手形を受け取った場合の処理と同じである。

受取人(指図人)側の処理(自己宛為替手形の受取り)

他人が振り出した自己指図為替手形を引き受けた場合は、手形を支払う義務が発生するので、支払手形勘定貸方に記帳する。

約束手形を振り出した場合の処理と同じである。

取引の具体例と仕訳の仕方

取引

振出人側が、支払人(名宛人・引受人)側から商品を販売し、代自己指図為替手形で振り出した。

仕訳

振出人側

借方科目
貸方科目
受取手形 ×××× 売上 ××××

支払人側

借方科目
貸方科目
仕入 ×××× 支払手形 ××××




| 現在のカテゴリ:さ行―し(じこ) |

現在のカテゴリ:さ行―し(じこ)

カテゴリ内のコンテンツの一覧[全 9 ページ(カテゴリページは除く)]

現在のカテゴリ:「さ行―し(じこ)」内のコンテンツは以下のとおりです。

  1. 自己宛為替手形
  2. 自己株式
  3. 自己株式の消却
  4. 自己株式の処分(売却など)
  5. 自己株式の取得
  6. 自己株式の無償取得
  7. 自己指図為替手形(自己受為替手形)
  8. 自己資本
  9. 自己振出小切手



関連コンテンツ


現在のカテゴリ:さ行―し(じこ) の位置づけ

現在のカテゴリ:「さ行―し(じこ)」のサイトにおける位置づけは以下のとおりです。

プリバシーポリシー